クロダイは、河口エリアなどの汽水域で、その姿をよく見かけますよね。

ポッパーやミノー・バイブレーションプラグなどで、手返しよくアブローチを繰り返すと、豪快なバイトを見せてくれます。

ここでは、クロダイの特徴や釣り方・食べ方についてご紹介しましょう。

居付いている場所によっては、臭いキツめのクロダイがいます。

スタンダードな料理の塩焼きにすると、身の臭いを気にせず食べることができますよ。

クロダイってどんなふうに釣ればいいの?

クロダイは、海のさまざまな場所に居付いています。

防波堤や磯場において、ウキフカセ釣りで狙うことができるので、昔から多くのアングラーからターゲットにされてきました。

引きが強くて荒々しいですから、一度釣るとどっぷりクロダイ釣りにハマってしまうかもしれませんね。

最近では、ルアーによるアプローチを選択する人が増えてきましたよ。

ルアー釣りに適したおすすめの釣り場は、何といっても河川の河口エリアです。

海水と淡水の混ざり合う汽水域なので、クロダイが好むエサがとても豊富です。

イワシやイナッコなどの小魚が回遊していますし、季節によってはサヨリが河川に進入してきますよ。

居付きのエサとして、カニやエビなどの甲殻類もたくさん生息していて、牡蠣などの貝類も捕食対象です。

当然クロダイのサイズは、どんどん大きくなって、50cmを超えるトシナシサイズを釣り上げることも可能でしょう。

用意したいルアーは、ポッパーです。

水面に浮くタイプなので、水深の激浅なエリアでも、果敢にアプローチすることができますよ。

しかもカップ状にデザインされた口で、水飛沫を撒き散らしたり、ポップ音・チャグ音を鳴らしたりして、クロダイに誘いをかけられます。

水飛沫や音に反応したクロダイは、警戒心を抑えながらポッパーの下側から食い上げてくるでしょう。

水面に浮いていたポッパーが、水柱とともに一瞬で消えます。

その瞬間にフッキングすると、クロダイの口からフックが外れてしまうケースがあるので、しばらくそのままにしてみましょう。

クロダイにラインを引っ張らせて、テンションMAXになった段階で、ロッドを立ててフッキングを実践してください。

その際にはリールハンドルを回して、ラインのテンションがたるまないように配慮しましょう。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

クロダイの歯は鋭くて危険!

クロダイの口に注目してください。

貝殻をカンタンに噛み砕くほどの、強くて硬い歯が並んでいます。

ルアーフックが曲げられてしまう可能性があるので、よく刺さる太軸のものを装着するようにしたいですね。

またクロダイの口に素手で触れるのは、とても危険です。

金属製のフィッシュグリップを必ず用意して、下アゴをガッチリ挟み込んで保持するようにしましょう。

ネットでランディングした後、フィッシュグリップを使えば、下アゴをつかみやすいでしょう。