食欲の秋は、うまい食材が豊富にそろう。

私にとって、カワハギがそのひとつだ。

パンパンに膨れ上がったキモを裏ごししてしょう油と混ぜる。

そのキモしょう油を付けるというより、乗せて食べるカワハギの刺身は、まさに絶品だ。

季節を問わず釣れる釣り物ではあるが、そんな理由から、カワハギの旬は秋と言ってもいいだろう。

 

10月19日の日曜日。

東京湾奥、荒川に架かる葛西橋のたもとにある第二泉水のカワハギ船を取材した。

黒澤正敏船長は、7時5分に桟橋から船を離すと、一路竹岡沖へと向かった。

約90分後、船がスローダウンする。私を除く17名がハリにアサリを付け、そのときを待つ。

そして6分後、船長が開始をアナウンスした。

「はい、どうぞ。やってみてください。水深は16mです」

 

25号のオモリはすぐ着底する。

ジッとアタリを待つ人、聞き合わせては下ろす人、竿先を海面まで下げては戻す人、タタキを入れる人。

誘い方は様ざまだ。

開始から約15分後、最初に右ミヨシの中原彰太郎さんが合わせてリールを巻き始めた。

竿先がたたかれる様から本命が期待される。

抜き上げられた船中1枚目は約15cmのカワハギだった。

続いて右銅の間の徳留さんが25cm級を釣り、右ミヨシ2番の彰太郞さんの父、武彦さんが15cmクラスを釣ると、また彰太郞さんが同サイズのカワハギを抜き上げる。

こんなペースで彰太郞さんは終わりまで釣り続け、この日の竿頭となるのだが、聞けばまだ中学3年生だという。

彰太郞さんはカワハギ釣りが大好きで、お父さんとともに鍛錬を重ね、本誌の沖釣りカレッジにも参加したという。

Tackle Guide

カワハギ釣りで竿やリールにこだわる人は多いが、船ベリの穴に竿を立てて釣れたカワハギを取り込む人をたまに見かける。

ロッドホルダー(竿置き)はカワハギ釣りの必需品。

安価なものもあるので、用意することをおすすめしたい。

がまかつ(Gamakatsu) 競技カワハギヒラ打チシンカー25号FK138#4蛍光ピンク.

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

第一精工ロッドホルダー(竿受け) 受太郎 釣り

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

(広告の後にも続きます)

キャストで連続ヒット

その後も右胴の間の笠井さん、秋谷さんと続き、左トモの杉浦さんが25cm級を釣る。

さらに左胴の間の塚原夫妻の奥さんが20cmオーバー、お隣の加藤夫妻の奥さんが15cmクラスを手にして歓声を上げた。

このあたりで開始から約2時間がたち、私も竿を出すことにした。

これまでに撮影したカワハギは、そのほとんどが底のほうで釣れたとのことだった。

彰太郞さんも1号のワンタッチシンカーを仕掛けの上に付け、タルマセ釣りを試していた。

これらの情報から、道糸と仕掛けを結ぶサルカンのすぐ下に1号のガン玉を装着した。

また、この日の釣れ具合からするとカワハギが固まっているわけではなさそうなので、仕掛けをキャストして引き寄せ、エサを底近くに這わせながら幅広くカワハギを誘う作戦をとることにした。

前方にキャストすると、道糸がフケてオモリの着底を知らせる。

この糸フケをあえて取らずにしばらく待つ。

そして、ゆっくりと頭上まで聞き上げて道糸を張り、道糸を巻き取りながら水平になるくらいまで竿先を下げ、再び誘い上げてオモリを浮かせて着底させる。

ガン玉の重さを利用して仕掛けを底にはわせたいので、このときも糸フケは取らないままにする。

このルーティンを繰り返していると、いきなり竿がガンガンガンとたたかれた。

この金属的な引きは間違いない、カワハギだ。竿の弾力を感じながらリールを巻き続けると、竿をたたいては前後左右に力強く走る。

このスリルあるヤリトリ、これこそがカワハギ釣りの醍醐味だ。

勝負を制して、船長がタモですくい上げてくれた本命は28cm。

このときは、これが船中最大だった。

(左)水深は10m台が中心。(右)アタリが遠いと思っていると隣で釣れていたりする。

カップルで秋の行楽フィッシング。カワハギの引きを楽しむ。