今年に限ってなぜフグはなぜ多いのか、調査をしてみることに。

今年の大阪湾はフグが異常に多い・・・大阪だけなのかと思い少し調査をしました。

大阪湾と対面になる三重県紀伊長島の長島湾。

魚種も豊富で釣り人には有名なところです。

調査をすべく船外機付きボートでサンマの切り身などで確認。

やはり居ました。

結構早い時点であたりがあったのでかなりの数がいるものと思います。

同じタイミングで和歌山の由良湾、田辺湾も同様です。

やはりいつも以上に多いフグ。

種類は圧倒的にクロサバフグ、次いで、サバフグ、毒サバフグ、コモンフグ・・・などです。

毎年8月から9月後半まではいるにはいるのですが、ここまで多いことはありません。

大量発生の原因としてよく巷で言われていることは、まず温暖化。

実際に海水温が何度上がったらフグが多くなるのか・・・などのデータを調べたわけではありませんが、それまでの産卵が多かったうえに天敵が存在する時期を生き延びることが例年より多かった・・・つまり卵、幼魚の間、数を減らすことがありませんでした。

そして今年は天候が安定していて、台風も少なく、穏やかであるため海の住環境もよかったということも原因として考えられます。

はたまた黒潮の影響か・・・いろいろ推測は立ちますが、どれが正しいのか分かりません。

確かに温暖化という考えもあるかもしれません。

そのためCOP26の開催においては日本は多少悪く見られた感がありますが、実際に世界気温が0.1度上がったのでしょうか。

また、果たして北極の氷の崩落でみなみのしまツバルが沈むのでしょうか・・・つじつまの合わなさに疑問を持ちますが、世界の地殻変動、海底火山、などの影響は人が営む上で出し続けるCO2の比ではないと思います。

これで温暖化になっているとは思いにくいです。

わずかには関係するかもしれませんが生態系が著しく異なってくるとはおもえません。

同じくして、大阪湾に青物もたくさん接岸してます。

ベイトとなるうるめイワシが今年も大量に入ってきました。

しらすの漁獲量も減ったように言われてますが、市場に影響をもたらすほどではありません。

青物は釣ってよし、食べてよし・・・つまり好ターゲット、フグは糸は切る、毒があるなどで好まれない・・・という言う意味で大きく厄介者扱いになる。

とはいえ、確かにフグは例年より多いので、フグの対策をして釣りに挑む、つまり釣り人が工夫するしかないでしょう。

(広告の後にも続きます)

PEラインをもう一度見直そう。

今年の8月の初釣行の際に向かった場所は、友が島の北側アカマツというポイントです。

多少フグはいましたが小型の太刀魚の活性も高く気になるほどではありませんでした。

この時のテンヤのロストはなく、順調にコンスタントに釣れました。

細かい誘いにしか乗ってきませんでしたが・・何とか格好はつきました。

次に9月になって月初めに神戸沖に向かいました。

このころからかなりフグが多くなった気がします。

この時のラインはPE2号でマーカー付きのままでした。

舳先にいたのであまり影響がなかったような気がしましたが、艫(とも)のお客さんがいくつかPEが切られたと聞きました。

その時は私個人の被害は、太刀魚の食い上げでのロストが1回あったきりでした。

その翌週も神戸沖に行きました。

この時は大会なのでくじ引きの結果入りたかった船の艫に居座ることができたので、状況を見ることにしました。

使用したのはマーカー付きのラインです。

1m置きに明るいマークが付いていて目立ちます。

船が移動してポイントについて釣りをはじめ、最初はましでしたが、流されて潮目に近づいたとたん切れました。

このポイントは太刀魚も活性が高く、舳先の方ではポンポン上がっています。

潮筋に舳先側からつけているのか、艫の方はトラブル続出、切られる人が多くなりだしました。

舳先側の手返しはいいので不要なイワシエサの残骸が流れてきますが、それがPEに絡むこともあるのでしょう。

仕掛けを投入してすぐ切られることもあります。

当然遠投しても、フグに見つかる機会が多くなるので、かえって切られてしまいます。

リールの糸はどんどんなくなるし、テンヤもどんどんなくなるし、予備の糸もなくなります。

他のお客さんに「マーカーついてますが予備遣いますか?」といっても「どうせ切られるからいいですよ」・・・とあきらめるしかない状況。

午前9:30には釣りを辞める艫座(私の背面)のお客さん。

仕掛けも全部なくなったそうです。

気が付けばテンヤのロストは12個になっていました。

糸も500m使いまして、フグの脅威にさらされます。

10:30を回ったころからフグの動きが一気に穏やかになって、中層で太刀魚がかかるようになりました。

10:00でまだたったの5匹しか釣れてなく、10:30を回ってから12:00までに16匹追加できました。

ロストも4個足して16個。

もしかして大阪湾の記録ではなかったかと思います。

必然的に海を汚していることにつながるため、やや嫌悪感にさいなまれながら、仕掛けを見直しました。

単色の糸はフグ対策として効果的