サビキ釣りといえば、防波堤から足元をバーチカルに探るイメージが強いですよね。

でもそのスタイルのままだと、大物を釣り上げるのは難しいかもしれません。

沖合いを回遊する大型青物などをターゲットにするためには、どんなサビキ釣り仕掛けを用意すればいいでしょうか?

ここでは人気が盛り上がりを見せている、ジグサビキ釣りの特徴や釣り方についてご紹介します。

サビキ釣りで大物を仕留めるための方法を考えよう!

サビキ釣りは、コマセカゴに撒き餌を入れて、それを上下に揺らして水中に撒いたところにサビキ仕掛けを通す釣りスタイルです。

でもこの方法だと、自分の足元=防波堤などの壁際に近寄ってくる魚のみを誘うことになります。

イワシやアジなどの小物の群れなら、効率的に釣り上げることはできますが、大物の群れはもっと沖合いを回遊しています。

このままでは、サビキ仕掛けを食わせるのは難しいかもしれません。

そこで考案されたのが、遠投ウキを用いた投げサビキ仕掛けです。

同じようにコマセカゴの付いたサビキ仕掛けを、岸際よりも沖へ投げることができますよ。

その場所を回遊する魚がいれば、うまく誘って釣り上げることができるでしょう。

でもデメリットがあります。

サビキ仕掛けに遠投ウキ、そこにコマセカゴまで連なっているので、投げたら絡んでしまうのです。

仕掛けが絡んだら、釣りそのものが成立しませんから、効率よく大物を狙う展開にはなりにくいでしょう。

サビキ仕掛けが絡まずに、沖合いの遠いポイントを探るにはどうすればいいのでしょうか?

遠投といえば、ショアジギングに代表される、ルアーのキャスティングゲームが得意としています。

これとサビキ釣りを融合すれば、理想のアプローチが出来上がるかもしれません。

釣り人も釣具メーカーも、あれこれ試してみた結果、編み出されたのが、ジグサビキという釣り方です。

ショアジギングで用いるメタルジグは、40g前後のウエイトですよね。

これをコマセカゴの代わりに、サビキ仕掛けの真下に結びます。

そのままの仕掛けではメタルジグのウエイトに耐えられませんから、太目の幹糸に専用設計し直します。

この状態で、沖合い目掛けてフルキャストするのです。

先端にメタルジグが結ばれているので、サビキ仕掛けが絡み付く心配はありません。

飛距離は圧倒的で、これまで絶対に届かなかった沖のポイントを攻めることができるでしょう。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

バーチカルに誘わずに広範囲をトレースできるジグサビキ釣り!

ジグサビキ仕掛けは、中層にとどまることなく底へ向かいます。

着底したままでは魚は食い付きませんから、ロッドを立ててリールハンドルを回して引っ張ります。

そうすると、サビキ仕掛けがメタルジグのアクションに連動し、一緒にアクションしながら魚を誘うことに。

撒き餌はありませんが、代わりに広範囲をトレースすることになるので、魚が釣れる確率は一気にアップするでしょう。

その中に大物が混じる可能性は、かなり高いのではないでしょうか。

もちろんメタルジグにもフックが付いているので、そこに食い付く魚もいるはずです。

ジグサビキ仕掛けを用いれば、今まで以上に防波堤でのサビキ釣りが楽しくなりますね。