サーフゲームのターゲットといえば、ヒラメが思い浮かびますが、いきなり青物のボイルが発生することがあります。

そこへメタルジグを投入しても、なかなかバイトには持ち込めないでしょう。

そこで活用したいのが、シマノ・ネッサシリーズから2021年に新登場する、ビームポッパー130Fフラッシュブーストです。

いったいどんなスペックに作られているのか、詳しくご紹介しましょう。

ビームポッパー130Fフラッシュブーストとは

ビームポッパー130Fフラッシュブーストとは、2021年シマノからリリースされる、スリムタイプのフローティングポッパーのことです。

全長は130mmで、ウエイトは29gになっています。

かなりスリムなボディデザインなので、空気抵抗を抑えた飛距離の伸びを見せてくれるでしょう。

その飛びを支えているのが、ジェットブースト機構です。

ジェットブーストとは、重心移動ウェイトを貫通シャフトとバネで支えていて、安定したロングキャストを実現。

加えて着水後に速やかな泳ぎ出しをおこなえるようになっています。

具体的には、スリムシェイぷボディとの相乗効果で、平均飛距離・71.2mを叩き出しています。

これならサーフの沖合いで青物のボイルが立ち上がっても、しっかりと狙うことができるでしょう。

また、ボディ内部には、シマノオリジナルのフラッシュブーストも設置されています。

スプリングで反射板を内部に吊るしたフラッシュブーストは、ロッドアクションなどによる振動を利用して、小刻みでキラキラしたフラッシングを発生させることができます。

当然ルアーを止めておいても、この振動はしばらく続くことに。

連続したロッドワークを必要としない、新たなフラッシング機能が、これまでバイトに持ち込めかった青物を惹き付けてくれるでしょう。

実際にフラッシュブーストを搭載したルアーを使ってみましたが、潮の流れに乗せてドリフトさせている最中でも、キラキラと誘いをかれているのが分かります。

青物はもちろん、シーバスにもよく効いて、バイト数が明らかに伸びるのを体感できるはずです。

時折ロッドワークを加えて、通常のアクションによる刺激も加味すれば、そばに居るフィッシュイーターはたまらず食い付いてくるでしょう。

フッキングのタイミングは、焦らずにルアーを魚が持って行ってから、ロッドを立てておこなうようにしたいものです。

出典:シマノ

(広告の後にも続きます)

深くて広いカップを搭載したビームポッパー130Fフラッシュブースト!

ビームポッパー130Fフラッシュブーストの頭部に注目してください。

大きな口がデザインされていて、深めで広いカップに仕上がっています。

これなら安定したポッピングを実践できますし、ポップ音を連続して奏でることも可能でしょう。

スプラッシュもしっかり飛ばせるので、広範囲から青物などのフィッシュイーターたちを呼び寄せるのに、一役買ってくれるはずです。

ラインアイは、各フックアイとつながっている貫通ワイヤー方式を採っています。

想定外の大物が掛かっても、慌てずにやり取りを楽しむようにしてください。

静止させると、水面で立ち姿勢になります。