冬に近づくと「冬至(とうじ)」という言葉をよく聞くが、2021年の冬至は何月何日を指すのだろうか?

言葉自体は知っていても時期や意味までは知らない、という人も多いはずだ。そこで今回は、冬至の時期や意味、冬至の風習や食べ物について解説する。

■2021年の冬至(とうじ)はいつ?

冬至(とうじ)は、北半球において日の出から日の入りまでの時間が最も短い日を指す。つまり、冬至が訪れるとその日は1年中で昼が一番短く、夜が最も長くなる。また、この冬至は別名で「一陽来復(いちようらいふく)の日」と呼ばれる。

二十四節気(にじゅうしせっき)は日付固定ではないことから、冬至の日にちは変動する。二十四節気とは、春夏秋冬一年間を24分割したものだ。

2021年の冬至は12月22日であり、12月22日から次の二十四節気の「小寒(2022年1月5日)」までの約15日間を指す。ちなみに、冬至は12月22日が3年ほど続き、4年目は12月21日になることが多い。そのことから、来年の冬至もある程度予想することが可能だ。

なお、冬至は二十四節気の第22節目にあたり、「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(にちなんのかぎりをもってひのみじかきのいたりなればなり)」という意味を持つ。

(広告の後にも続きます)

■冬至には「かぼちゃ」を食べるという風習

冬至にはかぼちゃを食べる風習がある。そもそも日本のかぼちゃは夏が旬であるのに、なぜ冬である冬至に食べるのだろうか?

その理由はかぼちゃの保存性からきている。かぼちゃはカットさえしなければ、2〜3か月もの期間保存することが可能だ。

今でさえ冷蔵・冷凍の保存技術が向上しているが、昔は野菜を1年中食べることが難しかった。そこで、保存期間が長く栄養素を多く含むかぼちゃを食べることで、野菜が不足する厳しい冬を乗り切ることができる。

「冬至にかぼちゃを食べて栄養を蓄えよう」という先人の知恵により、「冬至=かぼちゃ」という風習が定着しているのだ。