みなさん、こんにちは! 静岡県は浜名湖から出船している「青鬼ガイド」こと中村です。
今回の釣行は、今が最盛期の「浜名湖沖のタチウオ釣り」の模様をお届します。

「タチウオ釣り」の魅力は、前アタリが出てから本アタリの引き込みまでの駆け引き。早アワセし過ぎるとすっぽ抜け…なんてこともあるので、どこでアワセを入れるのか? のドキドキ感がたまらないですね。しかも今の時期ならF7(※)超えのドラゴンサイズが出る確率も高いので、そちらも魅力の一つだと思います。

※“F”はフィンガー(指)のことです。タチウオの太さを表すのに「指○本」で表現しています

何はともあれ、重要なのはタナ

今回のゲストさんは、超久々の釣りになるTさんと1年以上沖釣りに行けてなかったKさん。
そんなご無沙汰のお2人ということで私も竿を出し、どのタナでアタっているのかを2人にアドバイスしながらの釣りとなりました。
浜名湖沖のタチウオはほかの地域と違い、わりと深い水深にタチウオがいることが多く、早く当たりダナを見つけるのが数を伸ばすコツでもあります。ポイントに到着し仕掛をセットしたら、エサの付け方をレクチャーしていよいよ実釣開始です。

水深は150mで、魚探の反応は130m前後にバッチリ出ています。とりあえず底まで仕掛を落とし、ゆっくりと電動リールを巻き上げ誘いを入れてもらいます。すると早速2人に前アタリがあったようです! 2人ともにアワセを入れ、タチウオ独特の「中層根掛かり」のような感じで竿がしなりました。
少々波があったのでバレないように、巻き上げスピードを調整してもらいながらのやり取り。ほどなくして水面に銀ピカのタチウオが現れ、2人ともF4サイズの初タチウオをGETすることができました! 幸先のよいスタートに笑顔が溢れ、船長としてもホッとする瞬間です。


ちなみに、ハリを飲まれてしまった場合は、タチウオのエラを握ると口を開いてくれることが多いのでハリを取りやすくなります。しかし、タチウオは歯が鋭い魚。くれぐれもケガをしないよう十分に気を付けて、ペンチなどで取るようにしてください


この竿の曲がりが最高ですね

このあとも順調にアタり、クーラーの中はすぐにイイ感じに。…が、今一つサイズが伸びない…。
今回、2人にはなんとかドラゴンサイズを釣ってもらいたかったので、さらに深場の反応を探して移動し釣りを続けました。すると、Kさんに明らかにいい引きの魚がHIT! 慎重に巻き上げてみると、なんとF6サイズの良型タチウオでした。嬉しい! ところが、「もう少しでドラゴン…」と悔しがるKさん。悔しながらも最高の笑顔を見せてくれました。

 

さて、お伝えした通りタチウオはタナが重要です。
私の船ではタチウオ釣りの際、アタリの出たタナを周りの人に伝えてもらい、そのタナを集中的に攻めてもらいます。もちろん魚探の反応が出ているタナも伝えますが、魚探の反応はあくまでもタチウオだろう反応。魚探に映らない場合もある「ユウレイウオ」といわれる魚なので、やはり「アタリが出たタナ」は重要になります。
隣が知らない人でもタナを伝えることで自然とコミュニケーションが取れ、さらにコアな情報も得られるかもしれないので、周りの人に情報提供するのはイイことなんです。

さてさて釣りの方ですが、依然として食いは活発でTさんの釣ったタチウオがエサを2つ食って上がってくるほど(笑)。


わかりづらいですがハリ2本食ってます

(広告の後にも続きます)

タチウオの食いがいいときは



タチウオはひじょうに気まぐれな魚で、魚探に映っていても全く食わないことがあります。そんなときは何をしてもダメなことが多いのですが、食いがよく落とせばアタるようなときは、1本バリで攻めるのもアリだと思います。
もちろん2本バリなら2尾釣れる可能性が高いのですが、2尾掛かってしまうと手返しが悪くなるというデメリットもあるのです。しかもオマツリの確率も上がるので、活性が高いときに手前マツリなんかしちゃったら、イライラしちゃいますよね? そんなワケで、1本バリで攻めるのは有効かと思います。

1本バリの場合はとにかく1回のアタリに集中し、ハリに掛かったら巻き上げるだけ。手前マツリする可能性はひじょうに少なく、タチウオの口からハリを外したらエサを付けて投入する! の繰り返しです。とくに初心者の方には1本バリはおすすめですので、ぜひ1度試してみてください。

 

実釣の方は終盤に差し掛かり、疲れも見え始めた2人…。残り時間を目一杯楽しんでいただき、久々の釣行は大成功で納竿となりました。


タチウオが大漁でした