1862年にスイスで設立された「MAMMUT(マムート)」は、高品質のプロダクトと類い稀なブランド体験を提供するアウトドアブランドです。

今回カバンの中身を見せてくれたのは、マムートアシスタントブランドマネージャーの宇津木さん。普段から山や自然を守るためにできることから気をつけて生活をしているという彼のカバンの中身は……?

僕は典型的なモノ好き男子なのかも!?

「物を買うときには、その意味を考えてから買うことが多いですね」。そう話すのは、クラフトマンシップやストーリーのある熟成されたモノが好きだという宇津木さん。

「かれこれ8年くらい使っているプロトレックの腕時計は有名なプロ登山家の竹内洋岳さんがプロデュースしたものです。このスイス製のサバイバルナイフも壊れにくく使いやすい逸品。一見普通に見えるものでも、見る人が見れば良さがわかる。そんなアイテムに魅力を感じます」。

世界屈指の長い歴史と伝統を誇り、サステナブルな未来を目指す企業としての実績も豊富なマムートに勤める彼の登山用カバンの中には、クラフトマンシップが感じられる高品質なアイテムが詰められていました。

(広告の後にも続きます)

安全管理を徹底したいから、軽さやデザインよりも頑丈さや性能を意識

愛用しているカバンはMAMMUT Active Spineテクノロジーを搭載したDucan Spine 28-35

「人間の生体力学に基づいて設計されているので、登山をするときの立体的な動きに追随してくれます。Active Spineが搭載されていない登山用のバッグにはもう戻れません」。

「この水筒も一見ただの水筒に見えますが、実は保温機能がとても高いんです。山ではお湯がとても貴重です。標高が高くなるにつれて外気が低くなり、場合によってはお湯を沸かすのに10分以上かかることもあります。ですが極寒の環境ではあまり悠長に構えてはいられません。

登山をする上で安全管理は絶対に必要なこと。安全管理を怠ってなにかトラブルが起きたときに困るのは自分自身です。そのため登山用のギアは頑丈さや性能重視で選んでいます」。