蒼一郎のためになる手記

今回は東京湾のマダイ釣り。

沖藤さんからの指令で、一つテンヤ、タイラバ、SLJで挑戦することになりました。

朝イチは「巻き物」から。

水深40m前後でタイラバを1秒間に1mぐらいの速さの巻きで始めてみました。

潮がかなり濁っているうえにアタリもないので、巻きスピードを落として2秒で1mぐらいにしてみると、ググッとアタリ!

マダイではないけど結構引くぞ、と思いつつ上げると、なんとデカいアジでした!

それっきりアタリが遠のいたので、次は波動が強いジグに変更。

1投目からアタリがありましたが、掛けられず・・・。

次のポイントも水深は40m前後。

まずタイラバからスタートすると、1投目からアタリ!巻き続けてもフッキングせず、落とし込んでもアタリがないので、入れ替えました。

すると底から8m上でまとわりつくようなサワリが!

一度落としての2ターン目、底から少し上げた所でカツカツと明らかにマダイのアタリです。

少し迷いましたが優しく合わせると、500gクラスの真っ赤な、きれいなマダイでした。

次はテンヤ。

10号からスタートしましたが、エビがそのまま帰ってくる状態・・・。

結局、ほどなくタイラバに戻しました。

さっきは2秒で1mの巻きスピードでアタったけど、今回はアタらないので、逆に1秒で約1mの速度にしてみると、底から5mほど上でマダイっぽいアタリ!

でも、一瞬乗ったのに、竿で弾いてしまったのかバラシ・・・。

そこそこの重量感でした・・・。

またまたアタリは遠のき、最後にトラギスを追加して終了。

タイラバではドラグを緩めにして竿で弾かないようにしていましたが、悔しい結果に終わってしまいました。

フィニッシュはトラギス。

(左)初めてのサワラをチャッチャとさばく蒼一郎・・・を 見据える、愛猫のセラ。(右上)寿司を握って、アマダイに油をかけて。・・・職人さん?(右下)ズゴゴゴゴーッとサワラを炙って。・・・職人さんですか?

蒼一郎がササッと作った賄いメシ的な海鮮丼。自然な甘みが広がる~!

タイラバでバラして、珍しく声を上げた蒼一郎。できる範囲で万全の準備をしていたけどな・・・。この後、初めてのタイラバ専用竿を購入。

(広告の後にも続きます)

釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

加平丸に乗船してみたい方はこちら!

加平丸

(広告の後にも続きます)

【 内房(千葉県)マダイ船】人気ランキング

釣割で最新の釣り船ランキングを見る

【 内房(千葉県)マダイ船】価格ランキング

釣割で最新の釣り船ランキングを見る

【隔週刊つり情報(2020年11月15日号)※無断複製・転載禁止】