渓流などへトラウトゲーム用ルアーを持ち込む際には、大きなタックルボックスを手に歩くわけにはいきません。

そこでおすすめなのが、2021年ダイワから新発売されるルアーケース・メッシュワレット(A)です。

どんな仕様になっているのか、詳しくご紹介しましょう。

メッシュワレット(A)とは

メッシュワレット(A)とは、2021年ダイワからリリースされる、トラウトゲーム用ルアーを収納するためのケースのことです。

サイズ設定は、3種類用意されています。

最も小さいのが、Mサイズで、外寸が約4x9x18cmに作られています。

真ん中のサイズが、MLサイズで、外寸は約4x14x20cmです。

最も大きなものが、Lサイズになり、外寸は約4x17x23cmとなっています。

通気性の高いメッシュパネルを採用しているのが、このモデルの特徴といえるでしょう。

実釣で使ったスプーンルアーなどを、セットしておくだけで乾燥しやすい環境を作れます。

メッシュから水分が抜け出るおかげで、湿気がこもりにくいため、内部に保管しているルアーのフックが錆びにくくなります。

使いたいと思って取り出したとき、フックが錆びていては釣りが成り立ちません。

トラウトの口に貫通しない可能性が高まりますし、集中力も続かないでしょう。

このメッシュワレット(A)に入れておけば、安心して釣り場へ持ち出せます。

ファスナーを開いて内部を見てみると、合計4面にルアーを取り付けて収納することができます。

ルアーカラーやウエイトごとに仕分けて収納可能なので、どこにどれを置いたかひと目で分かります。

テンポよくルアーローテーションしたいときに、とても便利で使いやすいでしょう。

またルアーフックをセットするファームには、凸凹形状を採用しています。

そうすることでフックを刺しやすく、抜けにくくすることができます。

凹凸ファームは、4段連なっていますから、数多く並べられますし、ルアーとフックの高さにうまくフィットするでしょう。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

クリアPVCの保護カバー付きのメッシュワレット(A)!

メッシュワレット(A)の内部には、クリアPVCの保護カバーが付いています。

ルアー同士の接触をしっかりと抑えて、傷が付いてしまうのを防いでくれるでしょう。

クリアなので、どんなルアーが保管されているか一目瞭然です。

それから幅広タイプのファスナーが付いていて、内部のスペースをしっかり確保するのに役立っています。

収納ルアーの種類を記載して見やすくするための、ネームスペースも標準で装備されています。