秋の深まる11月は、秋そばの美味しい季節。今回は、そんな秋の風物である秋そばと酒の組み合わせについて紹介したい。

●今が旬の秋そばとは?

香りの高さと滋味深い味わいが魅力の秋そばは、一年に2回あるそばの実の収穫時期のうち、9月~11月頃に収穫された蕎麦の実を粉にして作ったそばを指す。秋そばの主な産地は、茨城県の「常陸秋そば」、福井県の「福井在来種」、島根県の「出雲そば」が特に有名だ。

その中でも、茨城はそばの収穫量が北海道・長野県・栃木県に次ぐ第4位で、その収穫量のほとんどが常陸秋そばになっている。常陸秋そばの生まれた常陸太田市では江戸時代からそば作りが盛んだが、水戸光圀公の命で信州から種を移入されたことが発祥なのだとか。

常陸太田市内には「金砂郷そば街道」「水分そば街道」「里美そば街道」の3つのそば街道があり、その歴史を物語っている。

(広告の後にも続きます)

●そばと酒を一緒に楽しむ日本古来の文化

古くから酒とそばは一緒に食べる文化が日本にはある。そば屋では日本酒を「酒」と呼ばずに「御酒(ごしゅ)」「上酒(じょうしゅ)」と呼び、そばを食べる前にお酒を楽しむことを「蕎麦前」と呼んで楽しむ文化がある。

今では日本酒に限らずビールや焼酎を味わうことも蕎麦前の楽しみ方として取り入れられているが、古くは日本酒にだし巻きや板わさなどで気分を盛り上げた上で、締めにそばを食べるのが粋とされている。

蕎麦前を楽しむ際に忘れてはならないのが「つまみ」のチョイスだ。特にだし巻きは甘みを強くするのか、塩気を強くするのか。そのまま食べるか、薬味を使うのか。その好みは選ぶ日本酒の銘柄にも影響を与えるほどだ。

夏は冷酒、冬は熱燗、香りを楽しみたければぬる燗で蕎麦前を楽しんでみてはいかがだろう。