アウトドアで飲むコーヒーはゆっくりと流れる時間も含め格別なもの。

こちらの連載ではそんなアウトドアとコーヒーの関係性について、自身でも焙煎をするほどコーヒー好きな著者が様々な方にお話を伺いながら深掘りをしていきます。

第一弾はサードウェーブコーヒーの火付け役として名高い「ブルーボトルコーヒー」。今回はそんなブルーボトルコーヒーでシニアクオリティ&イノベーションマネージャーを務めるケビン・サクストンさんにお話を伺ってきました。

農園からお客様のカップまで

日本、韓国、香港にあるアジア全域のブルーボトルコーヒーで品質管理を担当するケビンさん。まずはそのお仕事についてお話を伺います。

「私の主な仕事はコーヒー農園から仕入れた豆を焙煎するところから、お客様のカップに届くまでの品質を管理することにあります。お客様の手元に届くまでには農園、輸送、焙煎、梱包そして最後にコーヒーを抽出するバリスタと多くの人々が関わっており、一人だけで全てを完結することはできません。私たちは1つの大きなチームとして動いており、全員で同じゴールを目指し、達成できるようディレクションすることが私の大切な役割になります」。

(広告の後にも続きます)

自然は国境を越えて繋がる存在

仕事柄様々な国を訪れてきたケビンさんにとって、アウトドアで過ごす時間は特別な意味を持っているのだそう。

「私にとって自然はあらゆる場所を繋げてくれる特別な存在です。日本とアメリカ、コーヒー農園のあるミャンマーやスマトラまで、生息する植物や動物は異なりますが、どこの自然にも繋がるものがあると感じています。そこに境目はなく、また必要もありません」。

清澄白河にあるフラッグシップ店舗のオープンに合わせて来日し、日本での生活も7年目を迎えるというケビンさん。東京に来てからは以前にも増して自然を意識するようになったと言います。

「例えば、カリフォルニアでは車を20分も走らせれば美しい自然を見ることができましたが、東京では計画を立てなければそうした景色と出会うことはありません。この街に住んでからはより一層、自然との繋がりを意識するようになったと感じています」。