手持ちのライトゲームタックルでも対応できる

ここからは東京湾でタイラバをやることを前提に話を進めよう。

まずタックルだが、向こう合わせで食い込ませる釣りだから、竿は穂先が柔軟で、かつ大ダイが食ってものされないバットパワーが必要。

専用竿の多くは全長2m前後で7:3~6:4調子といったスペック。

最近は乗せ調子、掛け調子といったように細分化されているが、初めてならそこまでこだわる必要はなく、ライトアジやタチウオに使っているゲームロッドでも十分対応できる。

あえて言えばM、MLなど軟らかめの番手がおすすめだ。

ただ巻くだけの釣りだからリールは重要視され、ドラグ性能やギア比の高低などこだわる要素はたくさんあるが、とりあえずは手持ちの小型両軸で大丈夫。

液晶カウンターに巻き速度が表示されるタイラバ専用リールもあり、余裕があればそれらを購入してみるのもいい。

リールにはPE0.8~1号前後の道糸を200mくらい巻いておき、フロロカーボン4~5号のリーダーを3~5mほど直結でつなぎ、その先にタイラバを結べば準備完了だ。

タイラバ2回目ながら、最初からバッチリ専用タックルをそろえている人もいた

巻きスピードが表示される専用リールも使いやすい

(広告の後にも続きます)

組み合わせは多様だが、初めてならコンプリートモデル

現在のタイラバは遊動タイプが主流で、オモリとなるヘッド、マダイを掛けるハリ、アピール用のネクタイで構成される。

ヘッドには色んな形状があって、製品ごとに沈み具合などに違いがあるが、バーチカルに攻める東京湾ではほぼ真っすぐに沈んでいく丸いタイプ(太鼓型)でOK。

重さは前述のように80g、100g、念のための120gの3サイズあればいい。

カラフルなヘッドカラーにも目がいってしまうが、ヘッドの色自体はあまり釣果に関係ないとも言われている。

とりあえず東京湾のド定番とされるオレンジだけは外さないようにしよう。

ハリはチヌ、グレ、マダイ、イセアマなどの9号前後をシーハンターなどで結んだ2本バリで、2㎝前後、3㎝前後と長さを変えてあるのが一般的。

替えバリ、もしくはネクタイとセットになった製品があるので、それらを購入すればいい。

この辺りはカワハギ用品と同じ感覚だ。

ネクタイとはシリコン製のピラピラしたやつのこと。

形状は真っすぐなストレートタイプと、クルッと丸まったカーリータイプがある。

タイラバを巻き上げることでこのネクタイが海中でヒラヒラ動き、マダイにアピール、いわゆる「波動」を起こすらしい。

ネクタイと一緒にセットする細い線状のピラピラがラバースカート。

しかし最近はゴテゴテした派手なタイプより、すっきりシンプルなほうがいいとされているので、スカートはなくてもいい。

タイラバは魚の活性、捕食しているベイト、天候、潮色などにより効果的なヘッドの形状、色、ネクタイの太さ、色などがあるとされているが、初めてと何がなんだか分からない人もいるはず。

迷ったら、最初はヘッド、ハリ、ネクタイがセットになったコンプリートモデルをいくつか購入すればいい。

通い続けるうち、今度はアレがほしい、コレを試してみたいと少しずつ買いそろえ、いつしかタックルボックスはヘッドやネクタイでギッシリ。

気がついたらタイラバ地獄にハマっているというわけである。