ただ巻くだけでマダイが釣れる!

ルーツは漁具ながら、今や全国的な人気を誇るマダイ釣法、タイラバ。

関東での人気もここ数年ですっかり定着し、ファンもまだまだ増えそうな勢いだ。

関東で第一次タイラバブームが巻き起こったのが今から15年ほど前。

当時はタイラバなんてしゃれた名前ではなく、マダイ用ラバージグとかゴムカブラと呼ばれていた。

今イチ舌をかみそうなネーミングがよくなかったのか、エサを使わない擬似餌(ルアー)だったからか、はたまた釣り場が限定されていたからか、関東の沖釣りでは現在のような大きなムーブメントにはならなかった。

平成18年11月1日号の第3特集で当時ゴムカブラと呼んでいたタイラバを取り上げた

時代の流れとともにタイラバが受け入れられる

ところが・・・時は過ぎて2016年、関東の沖釣りに再びタイラバブームがやってきた。

前回のブームのときにはまだ一つテンヤは普及しておらず、タイラバを楽しむには一部エリアで仕立船を利用するなどしかなかった。

しかし現在は、茨城~外房のマダイ釣りは一つテンヤ一色で、もちろんタイラバも同船可。

伝統色の濃いイメージがある内房~南房のエビタイ船でもタイラバOKだし、南房洲ノ崎は今やタイラバ一色なんて話も聞く。

加えて東京湾で一つテンヤとタイラバ船が始まった影響も大きい。

それに触発されてか、現在では三浦半島西部~相模湾の一部船宿でもスポットながらタイラバ船を出している。

もちろんこうした流れは突如として巻き起こったわけではなく、第一次ブームのときから、もしくはそれ以降にも細々とタイラバを支持し続けていた釣り人がいたからこそ。

そんな熱心なタイラバファンが試し、結果を出し、それに船長たちが呼応した結果が関東での第二次タイラバブーム到来につながっている。

それにしても時代の流れとはげに恐ろしや。

いくら人気のタイラバとはいえルアー要素が高いから若い人向きなのかと思いきや、ここ数年で東京湾を始め各地へ釣行してみると、意外に年配のタイラバファンも多いのだ。

話を聞いてみると「道具もシンプルだし、巻くだけだから楽だよね」なんていう人もいた。

 

15年前なら「え? ルアー、ふん」と鼻にもかけなかった沖釣り師が多かったはず。

当社の根岸発行人なぞはまさにそのタイプだと思うのだが、今や一端? 

いや立派なタイラバマニア。

以下は個人的な想像だが、おそらく発行人はタイラバをルアーだとは思っていない。

なんか巻いているうちにガタガタきてギューンとなる面白い釣り、エサだルアーだと区別はしていないのだろう。

だから、もしタイラバがジギングのようにシャカシャカアクションを入れなければ釣れない釣りだったら、きっと今のように夢中になってはいないはずだ。

まあそれはともかく、沖釣り人口の高齢化とともにタイラバの釣り方がエサ釣り師にもマッチ、広く受け入れられるようになったのも人気拡大の一因と考えるがいかがだろう。

タイラバは今や老若男女、ビギナーからベテランまで気軽に楽しめる釣り

(広告の後にも続きます)

ビギナーにおすすめのフィールド東京湾

関東でタイラバを楽しもうと思ったら、今のところ現実的なのは前述のように茨城~外房の一つテンヤ船に乗るか、東京湾で専門船またはエビタイ船に乗るかのどちらかになるのだが、今回は初心者にも釣りやすい東京湾をおすすめしたい。

タイラバの釣り方、というか船の流し方はエリアなどによって3パターンある。

一つはパラシュートアンカーを入れる(入れない場合もある)茨城~外房方面。

この場合船は潮なり、風なりに流れていく。

船の姿勢は安定するが、風や潮の向きや強さによって速く流れるほか、ポイントの水深も季節により浅場から深場まで幅があるため、タイラバの号数をある程度幅広く用意しておく必要があるし、浅場の場合はキャストして横方向に探ったりする工夫も必要になる。

本場西日本と同じドテラ流しで狙うタイラバ専門船の場合は、いわゆるヒラメの横流し釣りと同じ状況になり、斜めにタイラバを引いて探ることになる。

船が速く流れたときには道糸がどんどん出ていってしまうし、深場を狙う場合は200g以上の重いタイラバも必要になってくる。

その点、エンジン流しで常に道糸が立つように流す東京湾は、ポイントの水深も周年30~80m前後と定まっているため、タイラバの号数は80gと100g、念のための120gの3サイズだけあれば事足りる。

釣り方も上下に巻いては落とす「縦の釣り」いわゆる「バーチカル」に攻めるだけでいい。

要するに難しいことを考えずにただひたすら巻いて、落とすを繰り返すだけでも釣れてしまう東京湾は迷うことが少なく、タイラバ初心者はもちろん、初めて沖釣りをする人にもおすすめできるのである。

タイラバ釣り場は関東でも各地にあるが、東京湾はビギナーにも釣りやすい