■少ない量はバルブ付きの袋・キャニスターで保存可能

豆袋にガス抜き用のバルブが付いていたり、密封できるキャニスターが販売されていたりする。インテリアの一部として、好みの保存容器に入れてコーヒー豆を置いておくのもおすすめだ。

ただし、バルブ付きの袋やキャニスターは冷凍・冷蔵保存と比べ、劣化するスピードが早いため長期保存に向いていない。インテリアとしてコーヒー豆を見えるように置いておくのも良いのだが、冷凍・冷蔵保存をしない場合はできるだけ早めに使い切ろう。

(広告の後にも続きます)

■まとめ

コーヒー豆の鮮度を維持するためには、保存方法をしっかり守ることが大切だ。コーヒー豆を保存する場所として冷凍・冷蔵庫は適した環境といえるが、気をつけるべきポイントもあるため注意が必要だ。

また、2週間以内にコーヒー豆を使い切るのであれば、高温多湿な場所を避け、太陽光や空気に触れない環境でも良いだろう。家族や友人、恋人にも美味しいコーヒーをいつでも飲んでもらえるよう、コーヒー豆は大切に保存しておこう。