自宅でコーヒーを淹れている人の悩みでもあるコーヒー豆の保存方法。「数日経っただけでコーヒーが美味しくなくなった」という方もいるのではないだろうか。

いくら新鮮なコーヒー豆でも、日が経つにつれて少しずつ劣化していく。保存方法が悪ければ早い日数で味が低下してしまうだろう。

生産地や抽出方法にこだわることも大切だが、コーヒーの美味しさを維持するためにも、保存方法について知っておく必要がある。そこで本記事では、コーヒー豆の保存方法、冷蔵保存で気をつけるべきポイントを解説する。

■コーヒー豆の弱点・劣化を進める4つのポイント

コーヒー豆には弱点・劣化を進める主な原因が4つある。見落としがちなポイントもあるため、自身の保存方法と照らし合わせてみてほしい。コーヒー豆の弱点・劣化を進めるポイントは以下のとおりだ。

・太陽光
・湿気
・温度
・空気(酸素)

コーヒー豆も食べ物と同じように、高温多湿な環境に弱いため注意が必要だ。また、キャニスターやジップロックに保存していたとしても、熱を持つ電子機器類のそば、または空気に触れやすい場所に置いておくと劣化しやすくなる。

コーヒー豆の美味しさを保つためには、上記4つのポイントからできるだけ遠ざけることが大切だ。

(広告の後にも続きます)

■長期間保存する場合は冷凍庫がおすすめ

購入したコーヒー豆を1ヶ月以上保存するのであれば、冷凍庫が一番おすすめだ。冷凍庫であれば鮮度が落ちにくく、美味しさを保つことができる。

また、密閉・密封できる道具を使うことで酸化を抑えられるため、保存に関する余計な心配はなくなるだろう。

また、冷凍焼けや冷凍庫内の匂いが移ることもほとんどない。そのため、長期間コーヒー豆を保存するのであれば、冷凍庫に入れておくことをおすすめする。ただし、冷凍庫に入れても鮮度は徐々に落ちていくため、3ヶ月以内には使い切るようにしよう。