メバリングゲームを楽しむには、よく釣れるワームが不可欠です。

2021年新登場のエコギア熟成アクア 活メバルシラス2inch(大盛)なら、さまざまな釣り場の広範囲から、活性の高い魚を引き寄せることができるでしょう。

そのスペックや使い方についてご紹介します。

エコギア熟成アクア 活メバルシラス2inch(大盛)とは

エコギア熟成アクア 活メバルシラス2inch(大盛)とは、2021年にエコギアブランドからリリースされる、ライトソルトウォーターゲーム用ワームのことです。

全長は2inchなので、小さいひと口サイズといえるでしょう。

メバルなら、一瞬で吸い込んでしまうボリュームです。

とても細身スリムなデザインが採用されていて、最後尾へ向かうにしたがって細さが増しています。

最後尾はピンテールで、少し大き目の球体になっていて、これをラウンドピンテールを呼んでいます。

正面から受けた水流は、ボディに沿って最後尾へ到達し、このラウンドピンテールをアクションさせます。

振り幅はタイトで、シラスのような生命感溢れるバイブレーションとなるでしょう。

当然波動が起きて、周囲にきっちりと伝わっていきます。

広範囲から魚を呼び込みたいときに、この波動が効果を発揮するのです。

いわゆる、サーチベイトとして活用するのが有効で、魚が接近してきたら食わせの要素も兼ね備えていることになります。

ジグヘッドリグをベースにして、ロングキャストしたいときは、キャロやフロートリグに切り換えるようにしましょう。

エコギア熟成アクア 活メバルシラス2inchの使い方は、ジグヘッドリグに装着して、メバルなどのフィッシュイーターが潜んでいそうなポイントへキャストします。

着水してすぐにリトリーブすれば、表層をトレースできます。

前述の波動が発生し、活性の高いメバルがいれば、食い付いてくるはずです。

魚からの反応が無ければ、そこには居ないと判断して、別のポイントへキャストします。

そのままリトリーブすれば表層チェック、フォールさせればさまざまな層をサーチできるでしょう。

出典:エコギア

(広告の後にも続きます)

そもそもエコギア熟成アクアとはどんなワーム?

そもそもエコギア熟成アクアとは、どんなワームのことを指しているのでしょうか?

よりエサに近い仕上がりを目指したもので、ルアーとエサの融合にエコギア開発陣が取り組んだ結論です。

天然の素材が持ち合わせている旨み成分を、酵素の力で引き出す熟成手法を取り入れています。

熟成された旨み成分がワームに含まれることで、魚のバイト数やバイトの深さ・効果の持続性が高められるようになりました。

最もエサに近いソフトルアーが、エコギア熟成アクアといえるでしょう。