一般のアングラーにとって、釣具メーカー社員のイメージはどのようなものでしょうか…? 普段職場では難しい顔をしながら机に向かっている、釣具メーカー社員のプライベートにお邪魔する企画の第7弾。今回は(少し前の話ですが…)写真素材撮影がてらに出掛けた、秋の日本海エギング。協力してくれたのは、日ごろから黙々と数多くの商品開発を手掛け、面白い商品を世に送り出してくれている清水くんと小南くん。

まだまだ夏の日差しが残る初秋。そろそろ秋のアオリイカが面白くなりそうなシーズンのはしりに、今後のHEATで必要なエギングの写真素材集めのために、2人に声を掛けたというワケです。
自他ともに認めるエギングフリークの2人ですが、なにせ普段は仕事に大忙し…! ダメもとで協力を依頼したところ、拍子抜けするほどあっさりとOKをくれたので、善は急げと日本海に出掛けたのでした~。果たしてどんな釣りになるのやら?

行きつけの香住港から渡船で



当日向かったのは、兵庫県内で1年を通してアオリイカの実績が高い香住漁港。私も以前から何度となく取材でお世話になっているエギングのメッカです。

久しぶりに訪れた香住漁港でしたが、小南くんは随分以前から足しげく通っているそうで、馴染みの渡船さんにお世話になり、早朝の6時から近くの磯に上げてもらうことになりました。「秋イカはイージー」なんて夢を抱いていた私に、「最近の秋イカは以前のようにイージーじゃないですよ。念には念を入れて…」と、渡船を手配してくれていた2人。普段とは違うロケーションはさることながら、沖磯に上げてもらうとあって期待はますます膨らみます。


磯は目の前に広がる広大な海と、どこに投げても何かいそうな雰囲気がたまりません

沖磯・地磯にかかわらず、磯で釣りをする際は、滑りにくい特殊なラバーやフェルト、スパイクなどが施されたシューズ、ブーツを履くようにしましょう! 滑らず安心です

(広告の後にも続きます)

えっ!もう?朝イチからコンスタントに



準備を整え港を出港。日が昇る前の薄暗さを引きずりつつ、港から数10分で磯に到着しました。私はカメラの準備を、そして2人はタックルとエギの準備を手早く終え、早速竿を出します。

足下を覗き込むと、薄暗いながらもその透明度の高さから、海中の様子がハッキリと伺えます。しかし、残念ながらベイトの姿は見当たりません…。カメラでテストがてら風景や準備シーンなどを撮影していると、「釣れましたよ!」と小南くんからのお知らせが。「えっ、もう!?」まだまだ気長にノンビリと構えていた私は、慌てて声のする方へ。ファーストフィッシュは、わずか3投目で小南くんがあっさりと釣ってくれました。秋らしい小イカです。







開始早々、あっさりと本日のファーストアオリを釣り上げた小南くん!

写真を撮り終え、早々にアオリイカが釣れたことで私も慌てて竿を出しました。「ひょっとして時合いだったら私も釣りたい!」と鼻息荒く沖に向かってキャスト! しっかりと底を取ってから5~7回ほどの軽いシャクリ、といった釣り方で朝イチフィッシュをねらってみました。


がぜんヤル気が湧いてきました! 朝日に照らされ絵になる清水くんの隣で、私も竿を出します