河川で釣りをしていると、大切なルアーが沈木や岩の隙間に挟まって、根掛かりしてしまうことがあります。

そのままラインブレイクしてしまうのは、とてももったいないです。

そこで活用して欲しいのが、2022年ダイワから新登場する、シルバークリーク ルアーリトリーバー。

いったいどんなスペックに作られているのか、その活用方法も含めて詳しくチェックしてみましょう。

渓流エリアでシンキングミノーを使うケースが増えてきましたから、ルアー回収器は必須アイテムといえます。

シルバークリーク ルアーリトリーバーとは

シルバークリーク ルアーリトリーバーとは、2022年ダイワからリリースされる、伸縮自在のルアー回収器のことです。

ルーフアンテナのような長さの切り替わるスティック状に作られていて、根掛かりしたルアーまで先端を届けることができるようになっています。

全長は108cmと長めで、縮めた状態では16cmになります。

フィッシングベストやゲームベストのポケットに、収納できてしまうサイズです。

カラビナを取り付けて、D環にぶら下げておけるように、最後尾部分に尻手ロープ用の穴が開いています。

先端部分には、蛍光イエローカラーが配色されています。

水中に入れたときに、とても見えやすくルアーをとらえやすいでしょう。

根掛かりトラブルは急に発生するものですから、速やかに対処したいもの。

シルバークリーク ルアーリトリーバーなら、取り出して伸ばし、蛍光イエローカラーを目で追いながらルアーにたどり着けるはずです。

また本体の側面に注目してください。

いわゆるシャフト部分にスリットが刻まれています。

側面を長く伸びる溝が走っているような仕上がりになっていて、その凹みで固定されますから、シャフトが個々に回転してしまうのを防いでいます。

水中では常に流れ=水圧の影響を受けるので、シャフトがぐるりと回転してしまう可能性があり、それをこのスリットが止めてくれているのです。

せっかくルアーを先端がとらえても、シャフトが回ると上手く外せませんから、とても有効なスペックといえるでしょう。

こういう工夫が、ダイワ製品には随所に見られます。

ユーザーのことを考え、実際に釣り場で遭遇するケースをしっかりピックアップし、機能に付け加えたということでしょう。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

シルバークリーク ルアーリトリーバーの使用方法をチェック!

シルバークリーク ルアーリトリーバーの使い方を覚えましょう。

まずは、蛍光イエローカラーのスリットリングを先端へ配置します。

ぐるりと回すだけで固定できます。

このスリットリングを持って伸ばすのではなく、必ずシャフトを指でつまんで伸ばすようにします。

スリットリングに道糸を通します。

90度シャフトを回して、スリットリングの中を道糸が通り抜けやすいようにかまえたら、そのまま水中へ。

道糸に沿ってスリットリングを移動し、ルアーまで到達したら、シャフトを前後左右に振ってみてください。

根掛かりが外れたら。ルアーを回収します。