11月の異名「霜月(しもつき)」という言葉を知っているだろうか?

「霜が降りる月」という意味を持つ霜月だが、その名前の由来には諸説ある。別名や異称も複数あり、意外と奥深い言葉である。

そこで本記事では、11月の異名「霜月(しもつき)」の意味・由来・別名を詳しく解説する。霜月という言葉が気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてほしい。日本の和風月名(わふうげつめい)を深く理解できるはずだ。

■11月の異名「霜月(しもつき)」とは?

「霜月」は11月を意味する言葉で「しもつき」と読む。明治初頭より陽暦(新暦)を採用していた日本では、1年間を1〜12月という数字で表している。

しかし、1〜12月の数字で表す前は、1月を睦月(むつき)、2月を如月(きさらぎ)、3月を弥生(やよい)など、各月の季節感が分かるように和風月名で表現していた。

その11番目の月に当たるのが「霜月」であり、現在の11月を意味している。なお、陰暦の11月は陽暦とは時期が若干異なっている。

(広告の後にも続きます)

■霜月という名前の由来・語源

11月を表す霜月には、霜が降りる月という意味を持つ。陰暦11月を陽暦に当てはめると11月下旬から1月上旬ごろなので、その時期には霜が降りているのだ。

さらに、霜月という名前の由来には諸説ある。最も有力だとされているのは「霜降り月を略した」という説だ。「霜が降りる月」という言葉から、「霜降り月」「霜降月」に省略され、そこから「霜月」に転じたというもの。

そのほか、「神無月(かんなづき)の下の月から来ている」という説、「新嘗祭(にいなめさい)」が由来である説、「太陽が関係している」という説など、さまざまな説が考えられている。