■オーデマ ピゲの定番コレクション

数多くの素晴らしいモデルを開発しているオーデマ ピゲ。今回は定番となる3つのコレクションを紹介しよう。オーデマ ピゲ製品の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてほしい。

【ロイヤル オーク】

オーデマ ピゲの代表ともいえる「ロイヤル オーク」。このロイヤル オークの初出は1972年であり、これまでの腕時計の認識を一変させた。

当時の高級腕時計は金無垢が一般的であったが、ロイヤル オークはステンレススティール製を採用し、八角形のベゼルを備えている。このロイヤル オークの登場によって、「ラグジュアリースポーツウォッチ」という新たなジャンルが誕生するほど、オーデマ ピゲの中では定番コレクションである。

【ロイヤル オーク オフショア】

ゴツゴツとしたデザインが特徴的な「ロイヤル オーク オフショア」。1993年が初出で、ロイヤル オークより大きく男性的に仕上がった腕時計だ。

当時「ジャンボ」と表現されていたロイヤル オークはケース径39mmだが、このロイヤル オーク オフショアはそれよりも大きい42mmケースで登場した。また、確かな防水性能など、性能面も素晴らしいコレクションである。

(広告の後にも続きます)

■まとめ

本記事では、オーデマ ピゲの歴史や魅力、定番コレクションを解説した。今でさえ有名なオーデマ ピゲは、2人の天才時計技師によって創られた。

オーデマ ピゲにはたくさんの魅力があり、世界中の人々から長く愛されている。オーデマ ピゲの歴史や魅力を理解した上で、ぜひ自身に合った素晴らしいモデルを見つけてほしい。