エリアトラウトゲームで、タフコンディション攻略に使えるルアーとして注目したいのが、2021年ジャッカルからリリースされる、プリッキーです。

いったいどんなルアーに仕上がっているのか、詳細スペックについてご紹介しましょう。

ひと口サイズにロングリップ、誘いの要素を多く含んだクランクベイトのようです。

プリッキーとは

プリッキーとは、2021年に新発売される、エリアトラウトゲーム用のクランクベイトのことです。

フローティングに設定されていて、全長は30mm。

ウエイトは、1.6gと軽量になっています。

特徴的なのは、なんといっても頭部アゴ下から突き出しているロングリップでしょう。

リーフ系のデザインなので、障害物に当たったときには、それを舐めるようにしてかわします。

跳ね上がったりしないので、そばにいたトラウトの視界から消え去ることはないでしょう。

ロングリップは、しっかりと水をとらえて、小粒なボディを左右にキビキビとウォブリングさせます。

デッドスローにリトリーブすれば、艶めかしくボディを揺らしてアクションを続けます。

追従してきたトラウトは、このアクションにたまらずバイトしてしまうでしょう。

潜らせて深い層をトレースするためのリップではなく、このデッドスローリトリーブを発現させるのが目的といえそうです。

また唐辛子のような小粒なボディシルエットにより、トラウトの口に収まりやすく、安定したフッキングにつながります。

エリアトラウトゲームでは、ショートバイトの連続ですから、フッキングミスが減ることはプラス要素です。

使っているロッドの、ロッドティップを上げたり下げたりするだけで、表層から水深約1.2mまで、幅広いレンジをコントロールすることが可能です。

トラウトのチェイスが変わってきたと感じたら、意図的にロッドの構えを切り換えてみましょう。

最初は表層狙いで、そこから潜らせるようにすれば、バイトを効率よくとらえることができるはずです。

出典:ジャッカル

(広告の後にも続きます)

新型のQR-HOOKを標準装備しているプリッキー!

プリッキーには、新型のQR-HOOKを標準で装備しています。

お腹側のフロントフックには10番サイズを、最後尾のリアフックには8番サイズを用いています。

スプリットリングは、フロント側が0番で、リア側が00番の2連結になっています。

ちなみに、スプリットリングを2連結にすると、トラウトがフックを口の中へ吸い込んでくれる確率がアップします。

数釣りを展開しながら大型を狙いたいときに、重宝するでしょう。