秋の真っ青な空の下で、軟らかなロングロッドをあおってコマセを振り抜く。

良型のマダイが掛かればそのロッドが美しいカーブを描き、下へ突っ込む引き込みをかわす。

専用ロッドが織りなす視覚的な快感は、コマセダイならではの大きな魅力だ。

南房、内房、三浦半島、相模湾、伊豆半島、駿河湾と乗合船も数多く、心地のよいマダイとのヤリトリを求めて出かける釣り人も多いと思う。

五目釣り感覚で楽しめる秋のコマセダイ。しかし1枚はマダイを釣り上げたい。

ハリスは太く短めに

コマセダイ用のタックルとビシ仕掛けは四季を通じて同様だが、秋ならではの注意点をあげるなら「ハリスの太さ」だろう。

秋のマダイポイントには、コマセの集魚効果も手伝って多種多様な魚が集まってくる。

とりわけ引き込みがパワフルなのはワラサを筆頭にした大型の青物類で、3号程度のハリスを使っていると、あっさり切られてしまうことも多い。

そこで推奨するハリスは5号。

本命はマダイながら、当たり前のように中~大型の青物が釣れることを想定すれば5号くらいが安心で、アタリが遠くハリスを細くしたい場合でも4号までにとどめたい。

加えてこの時期は、ハリスの長さも船宿に必ず確認しておこう。

春の乗っ込みシーズンは10~12mを推奨している船宿であっても、秋だけは短めの6~8mを指定することがある。

これは縦横無尽に走り回ってオマツリを誘発するソウダガツオやサバ対策で、ハリスを詰めて隣人との仕掛け絡みを防ぐのが主な目的だ。

取材した駿河湾沼津の魚磯丸はハリス5号前後、全長6mで統一していたが、船長いわく「越冬に備えて食欲旺盛な秋のマダイは、コマセに突っ込んで活発にエサを食べる傾向があります。少々ハリスを詰めても問題なく食ってきますよ」とのこと。

つまり秋のマダイ釣りは細くて長い繊細な仕掛けにこだわる必要はなく、外道を避けつつ、いかにマダイを食わせるかがカギ。

その作戦を3つ紹介しておこう。

ワラサなどの青物対策としてハリスは5号が基準。 最低でも4号を推奨。

ダイワ(DAIWA) 船竿 シーフレックス64 50-330 釣り竿

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー 船ハリス 5号 クリア

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

YO-ZURI(ヨーヅリ) 雑品・小物: [HP]ガン玉 2B

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

がまかつ(Gamakatsu) 真鯛王 ケイムラパール 8号 68442

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

(広告の後にも続きます)

作戦①的確で素早い手返しを!

タイムロスを招いて投入回数が減ると、結果的にマダイを手にする確率は下がる。

その一番の原因がオマツリだ。

とくに秋はソウダガツオやサバが掛かりやすく、すぐに全速で巻き上げないと間違いなくオマツリする。

上下左右に走り回るソウダやサバの引きはかなり特徴的で、ときに食い上げるように走って竿先をフワリと戻したり、身体全体をブルブルと震わせるバイブレーションが伝わってくる。

下へ突っ込む引きであっても、合間にビビビビッと小刻みな動きが交じるようならソウダかサバ。

とにかく分かった時点で急いで巻き上げよう。

それでも隣人とのオマツリは避けられないものだが、被害は最小限で済みタイムロスも減る。

一方、ポイントによっては底近くにいる小魚が、エサをかすめ取っていくこともある。

カワハギ、フグ、サクラダイ、ネンブツダイ、カゴカキダイといったエサ取りたちだ。

こうしたエサ取りの活性が高いときは、手返しを早める・・・つまり、まめに付けエサをチェックし、仕掛けを入れ直して粘るしかない。

手返しのインターバルは、例えばタナを取ってからの待ち時間を7分からスタートし、エサが取られていれば次は5分で手返し、それでも食われていれば3分で手返しと間合いを詰めて探っていく。

そして自分がベストと判断したインターバルで、根気よく手返ししながらマダイのアタリを待つ。

よく釣る人はそうした一定間隔の手返しを着実に行っている。

すでにエサが取られているのに漠然と待っているだけでは、当然釣れるわけもない。

エサの食われ方も色んなパターンがあって、丸裸にされたり、潰されてグズグズの場合もある。

これらは間違いなく小魚だ。

しかし唯一、マダイの可能性があると言われているのが、オキアミの頭だけが食いちぎられているケース。

真偽はともかく、集中力を高める特効薬になってくれる。