キンメダイが釣れることで有名なのは、静岡県や千葉県・高知県でしょうか。

各地で旬の時期が変わりますから、食べて美味しいタイミングで釣行を計画したいですね。

ここでは、キンメダイの特徴や旬・美味しい食べ方などについてご紹介しましょう。

伊豆地方の乗合船で釣り上げたキンメダイを、刺身や煮付けにして食べたときの味は、絶品で忘れることができません。

キンメダイってどんな魚なの?

キンメダイとは、キンメダイ目キンメダイ科に属している海水魚のことです。

タイという名前が付いていますが、マダイとは異なる種類だと考えてください。

体長は大きくなると、50cmを超えますから、引きもじゅうぶんに楽しめる魚だといえるでしょう。

キンメダイの生息エリアは、本州の東北地方から九州・沖縄までの広範囲に散らばっています。

沖合いに岩礁帯があれば、そこに定着しているケースが多いでしょう。

太平洋・大西洋・インド洋から地中海まで、その姿を確認できますよ。

となると、市場には輸入モノのキンメダイが並ぶことになり、オールシーズンいつでも食べることができる魚になっています。

海外のキンメダイを食べた経験がありますが、冷凍されていても美味しいものは美味しいですね。

水深200mより深い層にいるので、深海魚のカテゴリーに含んでいい魚でもあります。

身体が赤いのは、深海では目立たないから。

他のフィッシュイーターに襲われる確率を抑えて生活していることになりますね。

赤い色が何故目立たないかといいますと、深海では太陽光がほぼ届かない環境になっています。

色は光の反射なので、赤い色は太陽光がないと黒っぽく色落ちして見えます。

周囲も暗くて黒いシチュエーションなので、上手く隠れ蓑に使っているわけです。

キンメダイが獲れることで有名なのは、伊豆半島・房総半島・室戸岬の周辺でしょうか。

漁の方法も、延縄や刺し網ではなく、一本釣りの形式が採用されていますよ。

美味しい旬の時期は、1年の間に2回やってきますよ。

伊豆なら、12月から春にかけてが絶品ですね。

キンメダイの産卵時期が、毎年6月ぐらいからなので、それに向けても身が美味しくなる旬といえるでしょう。

ただし、深海魚であるキンメダイは、その生活環境から水温が低いことが好影響をもたらし、旬の時期を外しても美味しく食べられます。

市場で並んでいるのを見かけたら、ぜひそのタイミングで食べてみてくださいね。

出典:魚図鑑

(広告の後にも続きます)

難しく考えなくてかまわないキンメダイの釣り方!

キンメダイの釣り方は、いわゆる深海魚釣りになります。

深い層を探るために、専用のロッドや電動リール・長めの胴付き仕掛け等々を揃えなければならないと思いがちでしょう。

でも安心してください。

キンメダイ釣りの乗合船を仕立てているところでは、タックルや仕掛け類を全てレンタルしてくれるケースがあります。

乗合船予約の際にきっちり確認して、レンタルタックルの予約もおこなっておけば、カンタンにキンメダイ釣りを始められますよ。

さまざまな深海の釣りスタイルがありますが、キンメダイはさほど難しい釣り方ではなく、船長さんに教えてもらいながら基礎を船上で学ぶようにしましょう。