寒い季節には、足周りの温度をキープしながら釣り場を行き来する必要があります。

集中力が増しますし、滑りにくいシューズにすれば、安全性も高まります。

2021年に新発売となるダイワウィンターフィッシングシューズDS-2350W-H/DS-2650W-Hなら、さまざまなシチュエーションへ、積極的に赴けるでしょう。

ここでは、その詳細スペックについてご紹介します。

ダイワウィンターフィッシングシューズDS-2350W-H/DS-2650W-Hとは

ダイワウィンターフィッシングシューズDS-2350W-H/DS-2650W-Hとは、2021年にリリースされる、防寒機能をベースとした釣り用シューズのことです。

サイズ設定は、6種類用意されています。

24.0cm・25.0cm・26.0cm・27.0cm・28.0cm・29.0cmの中から、自分の足の大きさに合わせて選んでください。

カラーにより、最小サイズの24.0cmの設定がありません。

DS-2350W-Hは、キュービックラジアルソールを採用してして、とても高いグリップ力を持っています。

DS-2650W-Hは、スパイクピン付いたフェルトソールです。

スパイクピンによるグリップ力と、フェルト生地のグリップ力を兼ね備えた新型スパイクフェルトソール になっています。

本体のアッパー部分に注目してみましょう。

シンサレートと呼ばれる高機能中綿素材を使っています。

3M社が開発した、薄くて軽く、そして暖かい断熱素材です。

足周りのウエイトが軽くなるのは、とても理想的です。

その上断熱効果で暖かくなるのですから、冬の釣りにはベストマッチです。

アッパー素材の表地には、インビスタ社のCORDURA生地を採用していて、強靭性が増し耐久性能アップも期待できます。

CORDURA生地は、軽いことでも知られています。

そこにテープアジャスターが付属していますから、シューズを脱いだり履いたりするのがとても楽です。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

水が入りにくい簡易防水設計のダイワウィンターフィッシングシューズDS-2350W-H/DS-2650W-H!

ダイワウィンターフィッシングシューズDS-2350W-H/DS-2650W-Hには、水が入りにくい簡易防水設計を施しています。

これにより、シューズの内側をドライに保てるので、快適な履き心地で釣りを楽しめるでしょう。

完全防水ではありませんから、濡れてしまう可能性もあります。

またインソールには、オーソライト素材を採用しています。

表面は、ボア生地にしているので、快適さと保温性の高さが得られます。

足型を日本人のカタチに合わせていますから、長い時間履いていられるでしょう。