北海道の道央圏では今マメイカが岸よりされライトエギングが真っ盛りです。
マメイカとは標準和名が「ジンドウイカ」、通称「ヒイカ」と呼ばれているイカです。北海道では通称『マメイカ』と呼ぶのが定番となっておりまして、その通称通り豆のように小さいイカなのでそう呼ばれております。

年2回岸寄りする美味しいマメイカ
初心者でもトライしやすいターゲット!



北海道でのショアからのエギングは主に道央から道南の海が主流です。イカがねらえる時期は1月~4月がヤリイカ、5月~6月がマメイカ、7月~9月がマイカ(スルメイカ)、10月~12月がマメイカとヤリイカと、1年中なにかしらのイカをエギングでねらうことができます。
もちろん、その年によってイカが岸寄りしない年もありますが、マメイカだけはきっちりと春と秋に岸寄りしてくれます。

マメイカは状況によって大量に数釣りすることが可能ですが、実はかなり奥が深く、その日のアクションパターンを見つけるまで私はいつも苦労しています。
逆に初心者の方が難しく考えないで行えるせいか、経験者の私より沢山釣ることがあり、自分のセンスのなさを痛感するとともに、初心者でもトライしやすく釣果を得やすいターゲットと感じています。

またマメイカ味は大変美味!!
マイカ(スルメイカ)は多少冷蔵庫で寝かせ熟成させなければ甘みがでませんが、マメイカは釣った直後でも甘みがほんのりとあり、鮮度あるイカの歯ごたえも一緒に味わえます。
小さなマメイカですが、春の産卵時期や晩秋にはサイズも胴長10cm以上になるので、刺身にすることも可能。初秋のマメイカはサイズが小さいですが、焼き物や煮物として下処理一切なしで丸ごと料理することができて、大変美味しい食材です。

マメイカ(ジンドウイカ)はデイゲームでもナイトゲームでもねらえます。ナイトゲームは集魚灯が必須アイテムですが、その分足下でねらえるので初心者にも釣りやすくなります

(広告の後にも続きます)

マメイカエギングはラインでアタリを読む



マメイカをねらうライトエギングの必勝パターンを説明したいところですが、私自身まだまだエギングは初心者レベル(笑)。文章で説明するにはまだまだスキルが足りなく大変おこがましいのですが、一つアドバイスできるとすれば、「アタリはロッドだけではない! ラインを見るべし」ということでしょうか。
通常の釣りでは魚がエサやルアーに食いつく「アタリ」という名のシグナルが、浮き釣りなら「ウキが沈む」、投げ釣りなら「竿先が動く」、ルアー釣りなら「手元に感じる」などとして現れます。マメイカエギングの場合は、「ラインの変化」でアタリを読むことが大切です。

弛んだラインが急にピンと張った!ピンと張っていたラインが急に弛んだ!フォールしているのにラインがなかなか沈まない…

これはマメイカがエギに抱きついたシグナル、いわいるアタリです。アタリを感じたら(見たら)軽くアワせてリールを巻くとよいでしょう。この瞬間を見逃すとマメイカはエギを放してしまうことが多く、向こうアワセで釣れることはあまりないので注意してください。
手元で感じたアタリは無意識にアワせることができますが、ラインの動きを読んだアワセを覚えるだけで釣果はぐんと上がるはずです。