小学生のオレは基本的にどーしよーもないアホなガキんちょで、他愛もないイタズラを繰り返し、親が学校に呼び出されることもしばしばだった。

エネルギー全開だったのである。

だが一方で、静かなる読書少年でもあった。

外遊びから抜け出して図書館にこもったり、ちっちゃい本屋に入り浸って立ち読みしまくり店のオヤジにマジでハタキで追い払われたりしながらも、とにかく活字を読むのが好きだった。

この性癖は間違いなくライターという今の仕事につながっているのだが、当時はそんなことは微塵も想像もせず(こういうところがアホ)、硬軟問わずなんでもかんでも貪り読んだものだ。

が、何を読んだのかはほとんど忘れてしまった(こういうところがホントにアホ)。

 

10月5日、南房は洲ノ崎栄ノ浦港の早川丸でのんびりとカワハギ釣りをしながら、オレは突然、雷に打たれた(比喩です。当日は快晴でした)。

不意に、小学生のときに大好きで読みまくった本、ポプラ社の少年探偵シリーズを思い出したのだ。

江戸川乱歩が書いた名作である。

思い出すと言っても、おどろおどろしい絵の表紙と、明智小五郎および小林少年率いる少年探偵団の活躍っぷり、そして、怪人二十面相の底知れぬ恐ろしさ、程度のあいまいな記憶しかない。

ただ、なんとも不気味で、だからこそ読むのをやめられず、活字ワールドにズブズブと引きずり込まれていくような感覚は、鮮明に残っている。

カワハギを釣りながら、もう40年も完璧に忘れていた少年探偵シリーズを突如として思い出したのは、その中に「妖怪博士」「魔法博士」という強烈なタイトルがあったからだ。

内容はまったく覚えていない(全面的にアホだったし)のだが、頭よさそうでカッコいい「博士」という肩書きに、「妖怪」「魔法」というソラ恐ろしい文字を組み合わせるという荒技は、なんとも面妖だった。

おどろおどろしくてやけに魅力的だったあの世界観が、爽やかに晴れわたった南房のカワハギ釣りでよみがえったのは、同船した本誌発行人・根岸伸之さんが、やたらとカワハギを釣り上げているせいだ。

くわえタバコにハット姿。

斜めに座りながらも合わせは鋭い。

博士じゃん・・・。

だがこの博士、引っかかる・・・。

何かウラがある。

どこかにトリックがあるはずだ・・・。

博士=アヤシイ。

とか言いつつ、耳をそばだてて、 鈴木名人の教えを必死に聞き取った。

昨今の東京湾におけるカワハギvs人間の戦いは、かなりカワハギに分があるようだ。

「半日がんばって1枚、なんてこともありましたよ。ははは」と、半ばヤケクソ気味ながら朗らかに笑うのは、カワハギ釣りの名人なのにその名はスズキ、鈴木孝さんである。

「それも、朝イチに1枚釣ってそれっきり、とかね。わはははは」。

高笑いが風になびく。

鈴木さんはシマノのインストラクターで、狙ったカワハギを必ずや仕留めるスナイパー釣法でよく知られている。

カワハギ釣り歴は15年を超える大ベテランだが、やはりシブイときには苦戦するようだ。

これがスナイパー持ち

(広告の後にも続きます)

カワハギタックル

がまかつ(Gamakatsu) バラ T1 競技カワハギ AT 3.5.

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

シマノ(SHIMANO) カワハギ仕掛け 楽々フルセット 攻掛 (2本組+替え鈎10本) 4.5号 RG-KS2Q

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

それにしても鈴木名人は、オレたち親子のようなビギナーにも分け隔てなく接してくれて、場を明るく楽しく盛り上げる。

今回も「絶対釣らせてあげるからね!」と我われ以上に意気込み、なんと第一線級タックルを惜しげもなく貸してくださったうえ、釣り開始とともに蒼一郎少年の横につきっきりでカワハギ釣りのイロハを懇切丁寧に教えてくれていた。

オレたち親子のカワハギ釣りは、今回でわずか3回目である。

1回目は真鶴、2回目は館山で、いずれも3枚ずつしか釣れなかった蒼一郎は、カワハギ釣りに苦手意識を持っていた。

そこへきて、鈴木名人のレクチャーである。

もともと素直な性格なので、名人の教えを神妙に聞いている。

そして、言われたとおりに釣っている。

表情は真剣だ。

「ヨシヨシ、これはイケるぞ」とオレはほくそ笑んでいた。

事前に沖藤編集長からは「厳しい戦いになるけど、デコらないでね~」とキツ~く言い渡されていたが、鈴木名人の教えを受けた蒼一郎が本気になり、1枚でも釣ってくれれば万々歳である。

これを他力本願ならぬ息子本願という。

なーに、オレのDNAを受け継いでいる蒼一郎が釣れば、オレが釣ったと同義なのである。

とか言いつつ、オレだってもちろん釣りたい。

耳をそばだてて、蒼一郎にレクチャーする鈴木さんの教えを必死に聞き取った。

底をトントントンとたたいてから、ものすごくゆっく~り上下させる、という動作が基本であるらしきことが分かった。

よし、やるぞ。

いや、やれない。

なんてこった、動作の基本以前に、エサ付けができないのである。

「す、すいましぇーん・・・、アサリってどうやってハリに付けるんでしたっけー?」とのんきに聞くと、

鈴木名人はイヤな顔ひとつせず、「水管を縫い刺しして、クリッとひっくり返したら硬いベロをまた縫い刺し。最後にワタにハリを通せばOKです。あ、ハリ先は必ず出しておいてね」とやはり丁寧だ。

博士=アヤシイ。

名人=ヤサシイ。

こうして、右も左も分からないままぼんやりと釣り始めたオレである。

なにひとつハリに触れた気配を感じないままなんとなく仕掛けを上げてみると、頑張って3つ付けたはずのアサリがひとつもなかったりする。

ひとつも、だ。

おかしい。

あんなちっちゃいハリに少しも触れることなく、(自分なりに)ガッツリとハリに刺したアサリをかすめ取っていくなど、考えられないではないか・・・。

鈴木名人は自分の釣りそっちのけで蒼一郎に教えてくれて、一緒に一喜一憂してくれた。気持ちのいいオトナであった