渓流エリアやレイクトラウトゲームを実践するのに、フィッシングベストは欠かせないウエアアイテムです。

ポケットが数多く付いているので、ルアーやフライ・テンカラなどを入れておくことができます。

カッターや針ハズシ・プライヤーなども装着しておきたいものです。

2021年にダイワからリリースされるフィッシングベスト・DV3222について詳しくご紹介しましょう。

フィッシングベストDV3222とは

フィッシングベストDV3222とは、2021年ダイワから新発売となる、渓流エリアやレイクトラウトゲームで着たくなる便利ウエアのことです。

サイズ設定は、Mサイズから順に、L・XL・2XLが用意されています。

本体表地の素材は、ポリエステル100%で撥水加工が施されています。

タフで強いCORDURA素材が使われていますから、岩や木々の枝・草などで擦っても、破れてしまうことを防いでくれるでしょう。

自分の周囲の自然に調和するように、似通った色彩で染色されています。

それからさまざまなポケットが付いていて、その収納量を大きなものにしています。

まず、内ポケットからチェックしてみます。

大型サイズのものを、左右に追加しています。

腰部分に付いている、フラップポケットは、釣りスタイルなどに合わせて、間仕切りの移動ができるようになっています。

背面も見てみましょう。

背面に付いているポケットに、ファスナーポケットが追加されています。

携帯しておくための食べ物などを入れておくと、いざというときにとても重宝するでしょう。

また裾部分にD環が付いているので、テンダーロープなどの取り付けに使うことができます。

ランディングネットが、ぶら下がって左右に動き回るのを制御するための防止タブも、背面に付いています。

小物ケースなどを収納するのに適している胸ポケットを、実釣で活用しましょう。

水に濡らしたくないものを優先して入れておくのもいいですし、クルマのキーなどを保管する場所としても有効です。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

フィッシングベストDV3222

フィッシングベストDV3222には、ダブルラッセルメッシュを肩の部分に配置しています。

肩にかかる負担を軽くしてくれますし、通気性も高まるでしょう。

襟部分には、クッション材入りのリブ素材を使っています。

着心地を向上させるのと、ポケットに収納したものの荷重を分散するのに役立っています。

レインジャケットを携行したいときには、濡れ物を放り込んでおいても水分が抜けてくれる、サイド  メッシュタイプの大型ポケットが背面に付いています。

本体のウエイトは、約0.6kgです。

着丈のサイズは、Lサイズを選べば43cmです。