ヒラメのような、全体がフラットなカタチをしている魚で、名前はウシノシタと呼ばれています。

日本の近海に生息していて、投げ釣りなどで釣れることがあります。

フランス料理に舌平目という名前でひんぱんに登場しますから、そちらのほうが有名かもしれませんね。

ここでは、ウシノシタの特徴や生態・釣り方・食べ方について、深掘りしてみましょう。

ウシノシタってどんな魚なの?

ウシノシタとは、カレイ目ウシノシタ科に属している海水魚のことです。

ササウシノシタ科に属しているほうは、体格が小さいままで、目が身体の右側に寄っています。

ウシノシタ科のほうが大きく育って、体長は30cmを軽く超えていき、目は身体の左側に寄っていますよ。

ウシノシタが生息しているエリアは、最大水深100m前後までの海底で、砂地に潜って近くを通る水生生物を捕食しています。

産卵の時期は、夏の水温が上がるころに集中しています。

孵化したばかりの稚魚は、目が片方に寄っていません。

成長する連れて、徐々に目の位置が変わってきます。

食べて美味しい旬は、夏から冬にかけてでしょうか。

ウシノシタの釣り方は、エサ釣り・ルアー釣りのどちらでも対応できます。

まずは、釣り場探しから始めましょう。

防波堤などが伸びている漁港へ出向いて、底が砂地になっている場所を探してください。

砂浜が防波堤に隣接しているところなら、海底も砂地であると推定しやすいですよね。

エギングゲーム用の2ピースロッドと、2500番クラスのスピニングリールを用意します。

スプールには0.8号前後のPEラインを200mほど巻いておきましょう。

その先端にショックリーダーラインを結んで、8号程度のナス型オモリをつなぎます。

エサもハリも仕掛けも付けずに、そのまま防波堤から砂浜に隣接する外海へ向けてキャストしましょう。

すぐに着底するので、ロッドを横方向に倒して、ナス型オモリをズル引きします。

もし、海底の状態が岩礁帯なら、オモリをスムーズに引っ張ることはできません。

何度もロッドティップが曲がり込み、引っ掛かりが急に外れるたびに曲がりが復元するのを繰り返すことになります。

ロッドティップが曲がったままで、ズル引きができるようなら、海底が砂地であると判断していいでしょう。

時折引っ掛かるのは、点在する藻や岩なので、その位置を覚えておくようにします。

出典:YouTube

(広告の後にも続きます)

ウシノシタの釣り方をチェック!

ウシノシタは、ゴカイや青イソメなどの虫系の捕食していますから、エサにもそれらを用います。

仕掛けを立ち天秤式の8号オモリタイプにすれば、使用感は海底探索の時と同じになりますよ。

天秤から30cmほどハリスを伸ばして、先端にキス釣り用の流線バリを装着。

そこにゴカイや青イソメを付けてください。

ウシノシタの口は、意外と小さいので、あまり大きなサイズの流線バリを用いないほうが、食い込みはいいでしょう。

アタリは、エサを身体の下に押さえ込むようにして捕食しますから、最初はモゾッとした感触が伝わってきます。

その後、横方向に逃げようとするので、明確なアタリに切り換わるでしょう。