アジングやメバリング、カマスやメッキゲームなどのライトソルトウォーターゲームが、盛んにおこなわれています。

ワームリグ主体のアプローチが多い中で、2021年シマノから一石を投じるハードプラグの登場です。

その名は、ライズショットDIライト35S。

どんなスペックに仕上げられているのか、詳しくチェックしてみましょう。

加えてライズショットDIライト35Sを操作するのに適している、おすすめタックルもご紹介します。

ライズショットDIライト35Sとは

ライズショットDIライト35Sとは、2021年にシマノからリリースされる、ライトソルトウォーターゲーム用のハードプラグのことです。

全長は35mmで、ウエイトは1.4gです。

フォルムは、小魚のイメージでデザインされていて、胸びれと尾ひれのところからそれぞれフックが伸びています。

胸びれ部分には、2対のアシストフックが装着されています。

とてもコンパクトなサイズの、7番アシストフックが選ばれています。

アジなどの口の小さな魚でも、スムーズに中に吸い込まれやすく、確実なフッキングにつながるでしょう。

2対なので、どちらかのフックポイントが、魚の口を貫通すればよいことになります。

ショートバイト対策になりますし、バラシ軽減にもつながるでしょう。

アシストフックといえば、ジギングで用いるメタルジグに装着するケースが多いのですが、そこで得たノウハウを、このルアーにも活かしているわけです。

どうしてもバラしてしまうアングラーの悩みを、2対のアシストフックが明快に解決してくれるはずです。

アシストフックを口の奥深くに飲み込ませる感じで、遅いフッキングのほうが貫通率は上がるでしょう。

それから尾ひれ部分には、とても小さなトレブルフックが標準で装備されています。

番手は14番ですから、エリアトラウトゲームなどで用いるほどの、小さなサイズになっています。

これならライズショットDIライト35Sの後ろを追従してきた魚が、真っ先に口の中に吸い込むことができるでしょう。

トレブルフックは、ひとつのゲイブがとても小さいので、しっかり掛かると外れにくいのですが、バレやすさも伴なっているのが特徴です。

慌ててロッドを立てずに、ゆっくりとブランクスを曲げながら、ラインテンションを維持するようにしましょう。

ただし、相手がカマスのような歯の鋭い魚の場合だと、カンタンにラインブレイクされる可能性も出てきます。

釣り当日に選んだ釣り場に、どのような魚が定着しているか、事前に調べる必要があります。

出典:シマノ

(広告の後にも続きます)

ライズショットDIライト35S

ライズショットDIライト35Sの使い方をチェックしてみましょう。

キャストして着水させると、スローシンキングなのでゆっくりと沈んでいきます。

その状態からロッドを斜め前方に突き出して、リールハンドルを回します。

ただ巻きリトリーブを続ければ、ライズショットDIライト35Sは、同じ層=レンジをキープし続けてくれます。

レンジをキープし続け、i字クションするものに対して、アジやメバルなどは好反応を見せるときがあります。

ショートバイトになりがちなので、遅くフッキングすることを心がけましょう。

またロッドワークを加えることにより、ダートアクションを繰り出すことも可能です。