同時に「Be-1」が歴史遺産車にも選定

11月8日に日産「ノート オーラ」が、特定非営利活動法人・日本自動車殿堂が主催する「2021~2022 日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞しました。これと同時に歴史遺産車として、1987年に発売された「Be-1」が選出されています。

ノート オーラの受賞理由には、品位のある上質な先進コンパクトカーである点、遮音技術と音響空間を想像している点、第2世代e-POWERを搭載している点が挙げられました。

2021年8月に市場投入されたプレミアムコンパクトである「ノート オーラ」は、細部にまでこだわりぬいた上質感が特徴です。滑らかな走りを実現する第2世代「e-POWER」が搭載されており、最高出力100kw、最大トルク300Nm。

コンパクトカーのクラスの中では抜群の静粛性を誇るほか、国内自動車で初の採用となった「BOSEパーソナルプラスサウンドシステム」を搭載。その結果、発売開始から2か月半で2万台の受注となりました。

同時に歴史遺産車には、1987年発売の「Be-1」が選出されています。限定台数を超える受注があったこと、「レトロモダン」デザインを編みだしたこと、パイクカーという新たなジャンルを作り出したことが、選定理由です。

Be-1が第一弾。パイクカーとはどんな車?

【日産 Be-1】今見ても断然可愛い!パイクカーの第一弾

日産の新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想はコチラ!

【日産】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報

国産車の新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想はコチラ!

【新車情報カレンダー 2021~2022年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープ