トヨタ メガクルーザーとは?

トヨタ メガクルーザー JAF災害対策指揮車

メガクルーザーとは、トヨタが1996〜2001年まで販売していた大型SUVです。日本の道路では持て余すほど巨大なボディと、市販のオフロードカーをも凌ぐ悪路走破性能が備わるメガクルーザーは、元来自衛隊での使用を前提に開発された特殊車両。それを民生版として販売したのがトヨタ メガクルーザーです。

同じくアメリカ軍用車で、後に民生版が登場した初代ハマー H1と外観や大きさ、誕生経緯が似ていることから、メガクルーザーは和製ハマーとも呼ばれています。

メガクルーザーの新車販売価格は、おおよそ1,000万円。さらに全幅2,170mmにも達するメガクルーザーは日常的に使うのは難しい車です。しかし、その開発経緯や性能、スタイリングなどから、現在でもアウトドア活動家やミリタリーファンに絶大な人気を誇る名車となっています。

陸上自衛隊車両との違い

©Josiah.S/stock.adobe.com

メガクルーザーの原型となるのは、自衛隊で人員・物資輸送用車両や、ミサイル車両、レーダー車両などとして1993年から運用されている高機動車です。メガクルーザーはすでに生産されていませんが、高機動車は現在でも日野自動車が製造しています。

高機動車が持つ高い悪路走破性能を活用すべく、人命救助などの業務用途を想定して改修したのがメガクルーザーであり、現在でもJAFや消防署、地方公共団体などで使用されています。航空自衛隊と海上自衛隊では、高機動車ではなくメガクルーザーが使用されています。

自衛隊で使われる高機動車については、以下の記事で詳しく解説しています。

自衛隊の高機動車とは?性能やベース車両と払い下げ・中古車価格について

(広告の後にも続きます)

トヨタ メガクルーザーのスペック

©RAM/stock.adobe.com

メガクルーザーのボディサイズは全長5,090×全幅2,170×全高2,074mm。ホイールベースは3,395mmで車両重量は2,850kgの超大型車です。それにもかかわらず、四輪操舵(4WS)により、中型セダン並の5.6mの最小回転半径で曲がれる扱いやすさが備わっています。

基本構造は強固なラダーフレームに、ダブルウィッシュボーン式独立懸架サスペンションを装備。さらに、一般的なオフロードカーの倍近い420mmの最低地上高を実現するために、メガクルーザーはハブリダクションドライブと呼ばれる特殊な駆動構造が用いられています。

メガクルーザーの悪路走破性

メガクルーザーの特徴のひとつであるハブリダクションドライブとは、ドライブシャフトをホイールの回転中心に直接接続するのではなく、ホイール上部に設けたギアボックスを介してホイールを駆動させる方式です。

それによりドライブトレインを高い位置に搭載したまま最低地上高を高められるため、一般的なオフロードカーでは走行できないような険しい不整地でも、メガクルーザーなら走行可能です。

さらに37×12.50R17.5 8PR LTというトラック並の大径タイヤが車体四隅に取り付けられており、アプローチアングル49°・デパーチャーアングル45°・ランプブレークオーバーアングル33°の優れた対地障害角を実現。駆動方式はトルクセンシング式センターデフによるフルタイム4WDで、もちろんデフロック機能も搭載しています。

メガクルーザーの室内空間

メガクルーザーは最大6人乗りです。ただし室内面積は広いものの、個々の座席は狭く快適とはいえません。

前席には、運転席と助手席を隔てるようにトランスミッションが収まる巨大なセンターコンソールがあるため、やや窮屈に感じられるでしょう。二列目シートは前席より1段高くなっており、4人が並んで座ります。リアシートは中央の2座のみ折りたたみ可能です。

メガクルーザーの荷室寸法は縦1,355×横2,050×高さ1,055mm。ちょうどダブルベッドに近いサイズです。しかし荷室両側には前後に張り出したホイールハウスが備わるため、荷室は広くともベッドキットなどを利用しなければ車中泊には不向きといえるでしょう。

メガクルーザーの搭載エンジンと燃費性能

メガクルーザーの搭載されるエンジンは、当時のトヨタ ダイナおよびトヨエースなどの小型トラックに搭載されていたディーゼルエンジン。整備性を考慮して、あえて旧式エンジンを採用しいてる点もメガクルーザーの特徴です。

1996年1月~1999年4月製造モデルには、最高出力115PS、最大トルク39kgf・mの15B-FT型4.1L直列4気筒SOHCディーゼルターボエンジン+4速ATが搭載されました。1999年5月以降のモデルには、170PS、43 kgf・mにパワーアップされた15B-FTE型が搭載され、同時に環境性能も引き上げられています。

メガクルーザーの燃費データは公開されていません。ユーザーによる実燃費では4.7~10.6km/Lで、平均燃費はおおよそ7km/Lになります。燃料が軽油であることと、車両重量が2,850kgであることを考慮すれば十分といえる燃費性能です。

燃費のいいSUV人気おすすめランキングTOP10車種比較|2021年最新情報