日産は、2021年8月17日に新型Zをアメリカで初公開しました。それでは第7世代となる新型Zは、どのように進化しているのでしょうか?

ここでは、新しくなったZのエクステリア・内装・パワートレインなどを紹介していきます。

■日産 新型Zの概要など

引用:https://global.nissannews.com/en/releases/release-f34959dc65fa6147308490ca571886f6-all-new-nissan-z-premieres-in-new-york

日産Zは、日産スポーツを象徴するモデルの一台であります。累計で180万台の販売台数を誇り、日産のアイデンティティとなっている車の一つです。

約50年の歴史があり、時代に並行するように進化していったZは、新型では昔に回帰したディテールになっているようです。

エクステリアは、往年モデルをオマージュしながら、内装では6連メーターなどのZ固有の装備を継承し、さらに進化させているのではないでしょうか。

(広告の後にも続きます)

■日産 新型Zのエクステリアなど

引用:https://global.nissannews.com/en/releases/release-f34959dc65fa6147308490ca571886f6-all-new-nissan-z-premieres-in-new-york

初代S30Z(米国では、240Zを)のフロント部分をオマージュしたのが、新型Zであるといえます。長いフロントノーズに丸い印象のヘッドライト、そしてエアスクープとして際立ったグリルデザインが、新型でも描かれていますね。

初代Zをオマージュしながらも、ヘッドライトは最新LEDマトリックスを採用することで、先進性も兼ね備えたディテールとしています。

引用:https://global.nissannews.com/en/releases/release-f34959dc65fa6147308490ca571886f6-all-new-nissan-z-premieres-in-new-york

リアビューは、Z32のディテールがオマージュされているとのことです。重厚なリアディテールの中でも、テールライト部分に焦点が集められボリューム感を高めています。

最新テールランプである3Dグラフィック技術を用いながら、横2本をモチーフにしたテールライトに仕上げられていますね。

新型Zのエクステリアカラーは、3種類のモノトーンカラーと6つのツートンカラーが用意されているとのことです。

ブラックダイヤモンドメタリック
ガンメタリック
ローズウッドメタリック
ブリリアントシルバー
ボルダーグレー
セイランブルー
イカズチイエロー
パッションレッドトライコート
エベレストホワイトパールトライコート