近年は「デリカ」か「eK」シリーズの車名が増えた三菱ですが、かつては大型セダンからスポーツカーにRV、軽自動車まで多種多様なラインナップを誇り、車名もなかなかカッコイイ名前が揃っていました。

三菱車の中から、勇ましくカッコイイ名前の車を3台、厳選して紹介します。

【ランサー】槍騎兵、突撃!

3代目ランサーGSR

1973年に初代モデルが登場、2016年にランサーエボリューションXが販売終了するまで43年も日本で販売されていたランサーは、英語の「槍騎兵」が車名の由来となっています。

初代から一貫してラリーやダートトライアルなどグラベル(未舗装)系モータースポーツで活躍し、レースやジムカーナなどターマック(舗装)系を含め、現在もランサーエボリューションシリーズが現役です。

ベースはただの馬(大衆車)でも、鍛え上げて腕利きの騎士(ドライバー)が駆れば、立派な槍騎兵となるという意味で、大衆車ではもっとも勇ましい車名で、名前負けしない活躍を見せました。

(広告の後にも続きます)

【スタリオン】天駆ける神話の名馬

スタリオンGSR-III

「スター(星)」と「アリオン(ギリシャ神話の英雄ヘラクレスも乗った名馬)」を掛け合わせたコトバを語源とするスタリオン。まさにその名のごとく天宙を駆ける名馬のようでした。

三菱がランサーやミラージュで培ったターボチャージャーを、状況により3バルブと2バルブで切り替える可変バルブ機構付き「シリウスDASH3×2」。これをエンジンへ組み合わせた、2リッターFRスポーツとして1982年に登場しました。

後にインタークーラーや、派手なブリスターフェンダーの2.6リッターターボ車も追加していき、国内グループAレースでも当時低迷したスカイラインを上回る活躍ぶりで、強力な海外製ツーリングレース車を追い回せる実力の持ち主でした。