車の中が寒い!車内を早く暖めるには?

petrushin1984/stock.adobe.com

気温が10度を下回るような厳しい寒い時期のドライブ、寒さで足が震えてしまったり手がかじかんでしまったりしてしまうと車の運転にも支障が出てしまいます。

乗り込んですぐに暖房をつけて早く車の中を暖めたくなりますが、しっかりと暖かくなるまでは意外と時間がかかってしまうものです。

実は、「1秒でも早く暖房を効かせたい!」と思ってエンジンをかけてすぐに暖房をつけると、かえって暖かくなるまでに時間がかかってしまうというのをご存知でしょうか?

(広告の後にも続きます)

エンジン始動直後は車の暖房が利かないのはなぜ?

車に搭載されている暖房はエンジンから発生した熱を利用しています。さらに詳しく言えば、エンジン内からラジエーターへ送られる熱くなった冷却水の熱が、暖房の暖かい空気の元です。

エンジンが冷えている始動直後などに暖房をつけても冷たい空気しか出てこないのは、冷却水が十分に温まっていないことが原因となります。

車の暖房をしっかりと機能させるには、エンジンが温まっていることが重要なのです。

空ぶかしで温めるのはエンジンの寿命を縮める

Paylessimages/stock.adobe.com

早くエンジンを温めようと空ぶかしをすると、かえって車の寿命を縮めるおそれがあります。

エンジンの内部にはエンジンオイルが入っていますが、始動直後は十分にエンジンオイルが温まっておらず、潤滑などの効果を適正に発揮できません。そのため、エンジンにダメージを与えてエンジンの寿命を縮めることにつながります。

また、空ぶかしは騒音の原因にもなります。暖かい空気と一緒に冷たい視線も浴びてしまうので、空ぶかしはやめましょう。