受賞理由は優れたデザイン性と幅広いニーズに応える性能

三菱自動車が今年12月中旬に発売予定の新型クロスオーバーSUVである「アウトランダー」のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルが、2021年度のグッドデザイン賞を受賞しました。

グッドデザイン賞は、1957年から60年以上続いているデザイン評価・推奨運動の一貫で与えられる賞のこと。公益財団法人日本デザイン振興会が主催する賞で、アルファベットのGをかたどったロゴが目印です。国内外問わず、現在までで約45,000件もの受賞件数を誇っています。

今回受賞が決まった新型「アウトランダー」のPHEVモデルは、三菱が持つ電動化技術と四輪制御技術を結集した1台。新型「アウトランダー」のために開発された新プラットフォームや、先進技術を搭載しています。車のコンセプトである「威風堂々」を体現したデザインが特徴です。

3列7人乗りSUVで、電動車でありながら力強く滑らかに加速。あらゆる走行状況に合わせた安全で安心、快適な走りができる車です。三菱自動車の電動SUVのフラッグシップモデルでもあります。

高く評価されたデザイン性は、三菱自動車独自のSUVでデザインをベースにした新コンセプト「ボールド・ストライド(BOLD STRIDE)」に基づいています。存在感のあるボディは、水平を基調にすることで新型「アウトランダー」の力強さを表現しており、コンセプトどおりのエクステリアに仕上げられています。

なかでも、インテリアにも取り入れられた水平基調は取り入れることで、車体の姿勢変化を掴みやすくなったということで高く評価されました。「ホリゾンタル・アクシス(HORIZONTAL AXIS)」と呼ばれるインストルメントパネルがそれを実現しており、室内空間の上質さを醸し出すことにも一役買っています。

グッドデザイン賞審査員は、「高級感や走行性能、環境性能、室内空間を有しながらも抑えられた販売価格は、環境リテラシーの高い人を含んだ幅広い購入者層に選択されるのではないか」とコメント。このことからもわかるように、力強さとシャープさが表現されたエクステリアデザインだけが同賞受賞の理由ではなく、商品としての総合力が認められた結果のようです。

【新車情報カレンダー 2021~2022年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想

【新車情報カレンダー 2021~2022年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープ

【三菱】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ

【三菱】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報

三菱 新型アウトランダーPHEVの発売は今冬予定!

三菱 新型アウトランダーPHEVの発売は今冬予定、ティザーサイト公開