新型ランドクルーザーとは

2021年6月10日に公式発表された新型ランドクルーザー300系。

先代のランドクルーザー200系は2007年にデビュー。実に15年ぶりとなるモデルチェンジとなるため、見た目だけでなく中身も大幅に進化しました。

新型モデルでは、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として、高い悪路走破性をもちながら、路面状況に左右されない安定感や静粛性といった快適性能も高められています。

トヨタ ランドクルーザー300系完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

(広告の後にも続きます)

海外メディアによるロングホイールベース版ランドクルーザーとは

出典元:kolesa.ru

トヨタは新型ランドクルーザーの納車に1年以上とのアナウンスを行うほど、販売状況も好調ですが、発表から半年もたたないうちにランクル300の新しいニュースを海外メディアが報じています。それは新型ランドクルーザーのロングホイールベース版です。

レンダリングで提示された新型ランドクルーザーは、ホイールベースが大幅に増加し、リアオーバーハングが延長されています。外観からは後部ドア後方にあるCピラーのデザインが変更されているのが通常のランドクルーザーとの違いを明確に表しています。

ホイールベースとは?長い車・短い車のメリット&デメリットやコーナリング性能

出典元:kolesa.ru

2列目の開口部が広くなり乗り降りのしやすさが改善され、また足元のスペースが(更に)広がるなどロングホイールベース化の恩恵は新型ランドクルーザーの快適性を更に引き上げるものと想像されます。

欠点として挙げられるコーナリング性能や最少回転半径のデメリット要素も、販売されるエリアが道路も広く直線が多い国などであれば、直進安定性や車内空間の広さ、乗り心地の良さなどメリットが多くなるのではないでしょうか。

次期新型トヨタハイラックスはデザイン、シャーシ共にランクル似?予想CGも登場