プレミアムブランドがラインナップする特別なミニ

ミニの特別仕様車「ミニ・クロスオーバー・シャドウエディション」が、10月18日から発売開始となりました。納車は10月末を予定しています。

今回登場した特別仕様車は、「ミッドナイト・ブラック・メタリック」で塗装されたスタイリッシュなモデル。ベースとなったのはミニ・クロスオーバーです。

ミニ・クロスオーバーは従来のミニとは異なるプレミアム・コンパクト・モデルとして2011年に登場し、現行モデルは2017年に発表された2代目です。2020年秋にエクステリア・デザインに一部変更が加えられ、機能性が向上しました。

「ミニ・クロスオーバー・シャドウエディション」は、「その影は、光を放つ」をコンセプトにブラックアウトした外観が印象的な車に仕上がっています。ミニ・クロスオーバーの中でもパワフルなミニ・クーパー・D・クロスオーバーをベースにしているため、街乗りからアウトドアまでさまざまシーンで活躍します。

エクステリアはブラックとシルバーを基調としたカラーコーディネート。「F60 シャドウエディション」のコンセプトに合わせた18インチホイールやルーフ・レールもブラックで統一されています。

また、ライト周辺やドア・ハンドルなど、標準モデルではクロームを採用している箇所にピアノ・ブラックをまとい、重厚感のあるデザインに仕上がっています。ボンネット・ストライプには、見る角度でブラックからシルバーに見た目の色が変わる特殊加工を採用しています。

インテリアは、標準モデルでは選択できないレザレット・シート・カーボン・ブラックを標準装備。エクステリアと同じく、ブラックで統一され、全体の統一感が演出されています。

安全性能も欠けてはいません。ストップ&ゴー機能付アクティブ・クルーズ・コントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなど、計8つの安全装備を標準搭載しています。ほかにもApple CarPlayが利用可能なスマートフォン・インテグレーションなどにより、利便性も追及されています。

新車価格は「ミニ・クーパー・D・クロスオーバー・シャドウエディション」が477万円、「ミニ・クーパー・D・クロスオーバー・ALL4・シャドウエディション」が501万円。全車右ハンドル仕様で、全国のミニ正規ディーラーにて購入できます。

近年高級車ブランドを中心に、多くのモデルがブラックを基調にした特別仕様車を提供しています。こうしたモデルは、一般的にブランドの購入者層を若返らせる効果があるとされており、ミニにおいても若年層への興味・関心を高められるかどうかに期待が集まっています。

改良新型の最終デザインが明らかに!

MINI コンバーチブル クーパーS 改良新型のプロトタイプがニュルを走る【最新スクープ】

ミニらしくないミニ!ミニ・クロスオーバーとは?

【ミニ クロスオーバーは一番大きいミニ!】価格や実燃費から試乗記やディーゼルの評価など

MINI クロスオーバーにエントリーモデルが登場!

新型MINI ONEクロスオーバー10月5日発売開始!価格やボディサイズと燃費は?