正規輸入車と並行輸入車

外車を購入する際に、「正規輸入車」と「並行輸入車」という言葉を目にしたことが有るかと思います。

中には「正規でない並行輸入は違法なの?」と不安に思っている方もいるかもしれません。今回は「正規輸入車」と「並行輸入車」の違いを解説していきます。

【ややこし語】違いが分かりづらい自動車用語を解説

(広告の後にも続きます)

国内の正規代理店を通すかどうか

©Björn Wylezich/stock.adobe.com

「正規輸入車」と「並行輸入車」の定義には2種類があり、日本自動車輸入組合(JAIA)の提唱する輸入ルートによる解釈と、自動車技術総合機構(NALTEC)の提唱する手続き面による解釈2つから定義されます。

とはいえ、どちらも意味合いとしては同じ。「正規輸入車」は国内の正規代理店を通して輸入されたもの、または正規代理店によって手続きされたものを指します。

一方の「並行輸入車」は、海外のディーラーや輸入業者を通して輸入されたもの、または正規代理店以外が手続きしたものを指します。

ざっくり要約すると、国内の正規代理店を通した車両が「正規輸入車」、そうでないものは「並行輸入車」ということです。

【ややこし語#15】中古車と新古車の違い