BMW3シリーズとは

BMW3シリーズは、現行モデル(G20)が2019年3月から発売されている4ドアセダンです。現行モデルは3シリーズ通算で7代目となり、メルセデスベンツCクラスや、アウディA4など他の自動車メーカーとの競争が激しいDセグメントで昔から人気のある1台。

日本自動車輸入組合が発表した2021年度上半期 (1~6月)の海外自動車メーカーにおけるモデル別新車登録台数を見ると、4,566台と3位にランクインしています。

良かった!?大きくないキドニーグリルの新型BMW3シリーズがリークされる

(広告の後にも続きます)

海外メディアが報じた「Neue Klasse 」とは

次期型3シリーズEVの開発車両

そんなBMW3シリーズですが、海外メディアが新しいEVアーキテクチャに基づいて2025年以降にEV戦略の第3フェーズを開始するといった内容を報じています。具体的にはBMW社内文書で「NK1」と呼ばれているNeue Klasse EVプラットフォームを2025年以降にBMWが販売するすべてのEVモデルに搭載して販売するというもの。

BMWの研究開発責任者は「2シリーズセダンからX7サイズのSUVまで電気自動車を製造できるよう拡張可能」と海外メディアに伝えたそうです。

実はこの「Neue Klasse(ノイエ・クラッセ)」とよばれる名称は、1960年代にBMWの経営危機を救ったBMW1500の社内コードネームと同じであり、EVプラットフォームによって新しいBMWの時代を切り開いていくといった自動車メーカーとしての決意が伺えます。

【EV車全21車まとめ】日本車と外車全網羅!新車登場予定の電気自動車も