150km/hを超えるスピードでおなじみ

©show999/stock.adobe.com

松坂大輔選手は西武ライオンズのピッチャーで、2021年7月7日に2021年シーズンをもって引退することを発表しました。

松坂投手がプロデビュー戦で見せた155km/hのストレートは、まだ150キロ台の速球が珍しかった日本プロ野球界に大きな衝撃を与えています。

まさに「スピード違反級」の速球を投げていた松坂選手ですが、車でも実際に50km/hを超えるスピード違反をしていたというエピソードも…

やはり車も投球もスピードにはこだわっているのでしょうか?そんな松坂選手がどんな車に乗ってきたのか、松坂選手の愛車をご紹介します。

(広告の後にも続きます)

「平成の怪物」松坂選手が選んだ車10選

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー(100)

松坂選手がはじめての愛車に選んだのは、トヨタ ランドクルーザー100系でした。ボディカラーはレッドマイカで、フルオプションの豪華仕様だったようです。

「若気の至り」で済まない不祥事を起こす

このランドクルーザーで、50km/h以上のスピード違反をしてしまい一発免停に。

その後、免停状態にも関わらず球団名義の車で駐車違反を犯してしまいます。このとき球団関係者が身代わりに出頭したことが発覚し、松坂選手は罰金と無期限の謹慎処分を言い渡されます。

当時19歳の松坂選手、若気の至りでは済まない不祥事を起こしてしまい、世間からバッシングを浴びてしまいました。

スピード違反は何キロで一発免停?罰金や違反点数は?

メルセデス・ベンツ Gクラス

メルセデス・ベンツ Gクラス(W463)

プロ野球選手の愛車といえばメルセデス・ベンツと言われるほど、愛車にベンツを選ぶプロ野球選手は多いです。松坂選手が選んだベンツは、不動の人気を誇る本格オフローダー「Gクラス(W463型)」のAMGモデルでした。

キャデラック エスカレード

キャデラック エスカレード(GMT900)

ボストン・レッドソックスへ移籍後の2008年オフシーズンに日本で黒のキャデラック エスカレード(GMT900型)を購入。アメリカでも乗っていたということから、相当気に入っていたとみえます。

フェラーリ 599GTBフィオラノ

フェラーリ 599GTBフィオラノ

高額な年俸を受け取るスポーツ選手に似合う車はやっぱり高級スポーツカー。松坂選手が選んだ高級スポーツカーのひとつは、当時のフェラーリのフラッグシップモデル「599GTBフィオラノ」の白でした。

ポルシェ 911

ポルシェ 911カレラ4S(997)

フェラーリと並び人気の高級スポーツカーメーカーといえばポルシェ。松坂選手も、ポルシェ 911カレラを選んでいます。

ポルシェ カイエン

出典:wikipedia.org Author:Rudolf Stricker Attribution

ポルシェ カイエンは背番号18のビッグな男によく似合います。松坂選手が乗っていたポルシェ カイエンは初代モデルで、ボストン・レッドソックス時代に乗っていたとのこと。

ランボルギーニ ガヤルド

ランボルギーニ ガヤルド(スパイダー)
出典:wikipedia.org Author:Skievl CC BY-SA 4.0

ランボルギーニのエントリーモデルであるガヤルドは、現在販売されているウラカンの先代モデルです。フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニと、スーパーカーファン垂涎の車に乗れる松坂選手はやはりスター選手ですね。

ベントレー コンチネンタル GT

ベントレー コンチネンタルGT
©Shutterstock.com/ Chere

ベントレー コンチネンタルGTの初代モデル、キャデラック エスカレード、ポルシェ カイエンと、ボストン・レッドソックス時代の松坂選手はまさにアメリカンドリームを体現しているような車ライフを送っていたようです。

メルセデス・ベンツ GLS

メルセデス・ベンツ GLS(X166)

日本球界に復帰しソフトバンクホークスへ入団した松坂選手は、メルセデス・ベンツのSUVモデル、GLSに乗っていました。

レクサス RX

レクサス RX(AL10)

中日ドラゴンズに移籍後、レクサス RXで球場入りする姿が撮影されています。ランドクルーザー以来の国産車ですが、トヨタのお膝元である愛知県を本拠地とする球団ならではの車選びをしたのでしょうか?