過半数以上が本人確認書類として利用する運転免許証

©umaruchan4678
/stock.adobe.com

自動車や二輪車、原動機付自転車の運転が許可されていることを示す公文書である免許書。単に自動車や二輪車などを運転する資格がある事を証明するだけでなく、サービスや商品を購入する際の本人確認書類としても、免許証を使う方は非常に多いのではないでしょうか。とある調査によると、本人確認書類の提出を求められた場合に約60%が運転免許証を提示する、といったデータもあるようです。

【運転免許証の写真を100%盛る】持ち込み方法と服装やメイクの規定&おもしろくできるか挑戦!

ただし便利と危険は表裏一体と言われるように、広く利用されている運転免許証だからこそ、悪用されるケースも。今回は、運転免許証を紛失した際に巻き込まれる可能性がある犯罪と、その対策方法についてお伝えします。

(広告の後にも続きます)

免許証紛失で巻き込まれる可能性がある犯罪とは?

©Sevendeman/stock.adobe.com

免許証を財布にしまっている方は多いのではないでしょうか?財布を落とした(なくした)、といった場合はクレジットカードや現金だけではなく、運転免許証も紛失する事になります。

財布などを落とした場合、クレジットカードの利用停止などに意識が向かいがちですが、運転免許証も手続きを行わないと危険な場合も。まずは運転免許証を紛失した場合にどんな犯罪に利用されてしまうのかを紹介します。

激レア!最強の免許証「フルビット免許」とは?取得方法や費用を徹底解説

クレジットカードの発行に利用される

本人確認書類として広く利用されている背景が逆にあだとなり、クレジットカードの発行に利用されるケースがあるそうです。

通常、クレジットカードの利用については様々な審査などが必要ですが、審査が厳しくないとされる「即日発行可能なクレジットカード」などに紛失した運転免許証が利用される事が。知らない所で自分の名義のクレジットカードが利用されてしまうというのは非常に恐ろしいと言えるでしょう。

コードグラバーとは?リレーアタックに次ぐ最新の車両盗難手口

受け子用の銀行口座として利用される

昨今被害が多発している振り込め詐欺において、被害者から振り込みが行われる(受け子用の)銀行口座を開設するために、紛失した運転免許証が利用されるケースも。運転免許証については顔写真があるので一定の利用は防止できるようですが、「高度な技術によって顔写真部分が別のものに置き換われる」「顔写真に似た人物で契約する」といった手口によって悪用される場合もあるそうです。

振り込め詐欺に利用された口座は、事実が発覚した後に銀行側から凍結される事があるので、知らない間に口座を作られたとはいえ、その後の口座作成などに影響が残る可能性も。

今一番危険な車両盗難手口・CANインベーダーとは?仕組みと対策方法