今後はCO2と水素の合成液体燃料「e-fuel」の時代に!?

e-NV200 e-Bio Fuel-Cellのインフォメーションディスプレイ。SOFCの文字が見える

2020年、トヨタ、ホンダ、日産は合成液体燃料「e-fuel」の、本格的な研究開発に乗り出し始めました。

e-fuelはガソリンやディーゼルといった従来の燃料に混合して使える液体燃料で、原料は水を電気分解した際にできる水素と二酸化炭素で合成されている再生可能エネルギーです。これにより、ハイブリッド車などのエンジン搭載車が排出する二酸化炭素量を減らすことを目的としています。

現在世界の自動車メーカーが推進する電動化。「ラインナップすべてを電気自動車にすること」だと思われがちですが、実際はまだ「ラインナップすべてをハイブリッド車に」という段階です。

EVは走行中は二酸化炭素を排出しませんが、火力発電により電力を生成している場合、エネルギー生成段階で二酸化炭素が発生します。

カーボンニュートラル社会の実現に向けては、車の走行中だけでなく、車の製造過程やエネルギー生成段階で排出される二酸化炭素量も考慮する必要がありますので、EVが本当に環境に優しいのかどうかは、一概には言えないのです。

e-fuel搭載のハイブリッド車はEVよりもエコ?

e-fuelの狙いは、エネルギー生成段階を含むハイブリッド車の二酸化炭素排出量でEVを下回ること。工業的に生成できるうえ、大量生産にも向いているということで、3社ともに実用化に向けて本格的に研究を進めていくとのことです。

EVやFCVは従来のエンジン搭載車に比べて、走行中の二酸化炭素排出量は少ないメリットがありますが、エネルギー生成段階まで考慮した際、本当にエコなのかは疑問視されています。さらに普及率も伸び悩んでいる現状では、なかなかその実力も評価されにくいでしょう。

そんな中、日産のバイオ燃料自動車は従来のFCVの課題を解決する次世代のエコカー。現時点では、日産が開発中とされる新型車にはバイオ燃料自動車はないようですが、e-fuelの研究も進めながらe-Bio Fuel-Cellも実用化に向けて、前進してほしいものですね。

日産の新型車情報はコチラで更新中!

【日産】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報

アメリカでは2035年からガソリンエンジン搭載車発売禁止へ……

ガソリンエンジン新車販売禁止!排気ガスを出さない車のみの販売へ!米カリフォルニア州で2035年から

日本でもついにガソリンエンジン搭載車発売禁止に?いつから?

日本でも遂にガソリン車販売禁止?対応車種や世間の反応は?バイクも危ない