バイオエタノールで走る燃料電池車「SOFC車」とは?

バイオエタノールの原料のひとつ、さとうきび
©Angelo/stock.adobe.com

SOFC車とは、バイオエタノールを燃料とする固体酸化物形燃料電池(SOFC)によって発電した電力で走行する車のことです。

燃料電池で走る燃料電池車(FCV)の一種ですが、通常のFCVが水素を外部から補給するのに対し、SOFC車は水素を車内で作り出しています。

燃料となる「バイオエタノール」は、さとうきびやとうもろこしなどを原料にしています。

FCVは発電の化学反応により二酸化炭素が発生しますが、バイオ燃料自動車であれば原料となる植物の成長過程で二酸化炭素を吸収しているため、発電時の二酸化炭素が相殺される、というサイクルにより環境性能が高くなるのが特徴です。

FCV(燃料電池自動車)とは?仕組みやトヨタ・ホンダの代表車種からメリット・デメリットまで

(広告の後にも続きます)

SOFC車は従来の燃料電池車(FCV)とはどう違うの?

©kyo/stock.adobe.com

FCVより低コスト!車両本体価格が安くなる

従来の燃料電池車(FCV)はEVに比べて部品数が遥かに多く、製造にコストがかかります。

クルマ自体はエコですが、車両本体価格も高額になってしまうため、ユーザーが増えにくいという課題があります。特に高額なのは水素を重鎮しておくためのタンクです。

しかしバイオ燃料自動車はサトウキビなどから取れるバイオ燃料を使用するため、高額な水素タンクが不要。従来のFCVよりも製造コストを抑えることができ、車両本体価格も低く販売できるというメリットがあります。

水素ステーション不要でインフラ整備がいらない

従来のFCVは燃料となる水素をステーションで補充する必要があります。

ガソリンスタンドの建設費は7~8千万円と言われていますが、なんとステーションワゴンは5~6億円とも。建設費用が高額なうえ、FCVユーザーも増えにくい現状では、水素ステーションの設置数を増やすのは用意ではありません。

しかし、バイオ燃料自動車はバイオ燃料を化学反応させることで水素を作り出しますので、水素の補充が不要。つまり水素ステーションを建設しなくても、燃料電池車を走らせることができます。

これによりインフラ整備が不要となり、水素ステーション建設が困難な地域や国にも導入しやすいというメリットがあります。

HV・PHEV・PHV・FCV・EV・BEV・HEVとは?カーライフ別おすすめのエコカー選び