茨城土産でおすすめしたい、どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」をご紹介します。志ち乃は創業70年以上の老舗で、毎日6,000個以上のどら焼きを手作りしています。大ぶりな栗が挟まったもの、煮た梅が丸々一個入ったものなど、ユニークな商品が人気です。この記事では土浦本店の様子、看板商品の栗どら・梅どら、その他のどら焼き、本店以外の店舗、お取り寄せ情報、をご紹介しています。

志ち乃(しちの)とは

昭和25(1950)年に創業した、老舗のどら焼き専門店です。毎日6,000個以上のどら焼きを手作りしているそうで、土浦本店では製造している様子を間近で見学できます。生地一枚一枚に材料をのせて、リズミカルに挟む行程を見られるのは貴重な体験です。


どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」土浦本店(工場も併設されている)

どら焼き専門店だけあって、様々な種類のどら焼きを取り扱っています。粒あんベース、白あんベース、要冷蔵のクリームベース(生どら)、など幅広いラインアップです。本店だけでも20種類近くはあります。


どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」

原材料の小豆にこだわりがあり、生産地を北海道の十勝地方に限定しているのだとか。さらに化学肥料や化学合成農薬に制約がある、特別栽培の小豆だけを採用しています。このおかげで品質にブレが少なく、安定した餡を作ることが出来ているそうです。


どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」

どら焼き以外にも、和菓子(くずもち、羊羹、水ようかん、れんこん餅、栗饅頭など)や、洋菓子(どら焼きの皮を使ったラスク、サブレなど)も販売しています。特に、土浦本店限定の「れんこん餅」は人気で、開店早々売り切れてしまうこともあるようです。


どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」/どら焼きの皮を使ったラスク

どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」/人気のれんこん餅

どら焼き専門店「志ち乃(しちの)」/こちらも人気のくずもち

(広告の後にも続きます)

土浦本店の様子

志ち乃(しちの)本店は、茨城県南部の土浦市(つちうらし)に位置しており、JR常磐線土浦駅から車で約8分の場所に店舗があります(駐車場有)。周辺は、町の特産品でもあるレンコンを育てるための畑でいっぱいです。7~8月にかけては蓮の花が綺麗に咲きます。


志ち乃(しちの)/土浦本店

志ち乃(しちの)土浦本店/周辺のレンコン畑

志ち乃(しちの)土浦本店/周辺のレンコン畑

徒歩で訪問すると駅から約40分かかりますが、土浦市はサイクリングの町としても知られていますので、駅でレンタサイクルをしてサイクリングがてら店舗に立寄るのもおすすめです。ツーリング客向けに、自転車置きもしっかりと用意されています。


志ち乃(しちの)/土浦本店の自転車置き

店舗は、ゆっくりと買い物ができるくらいの広さがあるのが嬉しいです。店内中央と壁際には、どら焼き以外の商品が並べられており、ばら売りはもちろん、お手土産ギフト用に箱詰めされたものもあります。


志ち乃(しちの)/土浦本店・店内の様子

要冷蔵のどら焼き(生どら)は、店舗奥に設置されている冷蔵庫から選びます。生どらには、カスタードクリームや生クリームが使われていますので、ケーキのような洋菓子感覚で頂けます。お会計時に申し出れば、保冷剤のサービスも。


志ち乃(しちの)土浦本店/生どらが入った冷蔵庫

生どら/紫峰しょうゆばにら味(地元の醤油工房とのコラボ)

生どら/小倉生どら(クリームの中に小倉の粒が)

一般的な常温のどら焼きは、レジ横の木枠に種類ごとに分けられ、ずらっと並べられています。パッケージのバリエーションも豊富で可愛らしく、どれも買いたくなってしまいますね。


志ち乃(しちの)土浦本店/どら焼きがずらっと

志ち乃(しちの)土浦本店/木枠にみっちり

志ち乃(しちの)土浦本店/種類が豊富