【1】「うんうん、そうだったんだ」と、まずは口を挟まずに最後まで話を聞く

「ただ話を聞いて、横で頷いてくれるだけでいい」(10代女性)というように、愚痴を聞いてもらえるだけで安心する女性は多いようです。たとえ「話が長いなぁ…」と思っても、顔には出さずに、ひととおり耳を傾けてあげましょう。

(広告の後にも続きます)

【2】「よく頑張っていると思うよ」と、長所や努力したことを褒める

「へこんでいるときは、どんな小さなことでも評価されると、立ち直れそうな気がします」(20代女性)というように、弱っているときの称賛の言葉は、元気回復の特効薬になるようです。「業務メールが丁寧だねって課長が言ってたよ」などと他人の言葉を借りると真実味が増すでしょう。