好きな男性がいるとき、何とかして仲良くなりたくてアプローチしているのにうまくいかないことってありますよね。彼に夢中になりすぎて周りが見えず暴走しちゃったしょっぱい経験は、誰しもあるものです。あとから「これをやめておけばよかったのになぁ」と猛省したりして。
本日は「これをやめたらいいのにやめられない」ことについてです。気になり始めるとダメなんだよなぁ……。

過干渉

「彼氏に過干渉になるのがダメだなっていつも思う。ウザがられちゃうので、やめなきゃいけないって思うんだけど。彼しか見えなくなってしまうと、好きすぎて何でも聞いてしまう。どんな些細なことでも知りたいと思うから。でも、自分がアレコレ聞かれるのはイヤなんですけどね」(学生/20代/女性)

▽ 「今、何しているの?」「今夜は何時に帰るの?」「そばにいる人は誰なの?」と、聞き始めたら歯止めがきかない質問攻め。男性からあまり歓迎されないようですね。好きがゆえの干渉が、束縛に受け取られないようにできるテクニックがあるなら、筆者も知りたいです。

(広告の後にも続きます)

深夜の電話

「夜中に何となく不安になったりすると、彼に電話してしまいます。出てくれるときもあるし、出ないときもあります。急に自信がなくなっちゃうときとか、向こうの事情も考えずに鬼電しちゃったりして。自分をちゃんとコントロールしたいな」(接客/20代/女性)

▽ 大好きな彼の声を聞くと、ほっとできますものね。メンタルが不安定になるときは電話したくなっちゃいます。相手の負担にならないように、自分の弱い部分とうまく付き合っていきたいものですね。