風の時代に入ったのは西暦2000年頃、そして約2000年続きます。

正確には水瓶座の時代であり、前の魚座の時代に重視されていた協調や型というものから、水瓶座が象徴する個や自由といったものに変わるということでもあります。

時代の変わり目……最初の100年ぐらいは強い変化の波が起こるため、その波にうまく乗ることができれば、信じられないような未来の扉を開くことができます。

そこで、風の時代の波に乗る方法を星座別に紹介いたします。

おひつじ座(牡羊座)

新たな人間関係の構築です。牡羊座はどんどん変化していくことで、運命を切り開いていきます。
風の時代の大波がきているこの時期、プライベートや職場なども含め、人間関係を見直してみましょう。
ダラダラと現状維持だけを続けている人たちよりも、新しいなにかを求めている人たちとの関係を深めてください。そこに人生の新たなステージの扉を開ける鍵があります。

(広告の後にも続きます)

おうし座(牡牛座)

運命を切り開いてくための柱を作ることです。風の時代の大波がきても、牡牛座の本質的な部分はかわりません。
未来へ進むために柱となるものを作り、それを土台として運命を切り開いてください。柱となるものは、別に物資的なものではなく、精神的なものでも構いません。
自分はなにをもって人生を歩んでいくのか、それは数年かけても構築するべきであり、それこそが風の時代の波に乗ることになります。