社会人になって、毎日家と会社の往復だと、ぐっと減る出会い。職場に男性が少ないとなるとなおさらですよね。

こういった環境だと、自分で出会いを作るのはなかなか大変なことに思えます。

でも実は「出会いがない」と嘆く女子は、環境以外にも原因があるのかもしれません。今回は「出会いがない」と嘆く女子に彼氏ができない本当の理由をご紹介します。

出会いがない本当の理由 彼氏の必要性を感じていない

経済的に自立していて、やりたいこともたくさんある。
友達もいて、さらに実家暮らしなら、わざわざ彼氏をつくるメリットが感じられない人も多いのでは?
むしろ、彼氏をつくることで今の生活リズムが崩れるのが嫌で、周囲には「出会いがない」と言いながらもとくになにか恋活や婚活をしているわけでもない、なんてことはありませんか。
彼氏をつくることのデメリットが多いと心のどこかで感じている場合、なかなか恋人ができないのも当然。
結婚はしたいけどしばらくは今のままでいい、と思いながら過ごしていると、あっという間に数年経っている……なんてことも。
将来的に結婚を目指すのであれば、今の環境に満足するばかりではなく、そろそろ実際に婚活をはじめてみる必要があるのかもしれません。
求めれば、意外とすぐにすてきな彼との出会いは得られるものです。

(広告の後にも続きます)

出会いがない本当の理由 趣味だけで満たされている

仕事と同じように、趣味にハマっていると、ますます彼氏をつくる余力が出てこないでしょう。
たとえばアイドルの追っかけでも、ただ近隣でのライブに行くのではなくツアーに合わせて一人で全国を旅するくらいハマると、趣味にかける時間が仕事以外のほとんどを占めることになります。
しかし、彼氏をつくれば、どうしても趣味の時間を減らさなくてはいけません。
アイドルを追いかけて全国をめぐるような人の場合、これまでのように自由に飛び回ることができなくなってしまうことを考えると、彼氏を作ることに消極的になるのも当然です。
わざわざ彼氏をつくらなくても多趣味でアクティブに過ごせていて、さらにあなた自身が結婚よりも趣味を優先したいという意思が強いのなら、もはや結婚以外のライフスタイルも検討するべきなのかも。
出会いを求める気持ちもあるかもしれませんが、自分が本当にやりたいことを、ここで一度立ち止まって見つめ直してみては?