【3】イライラを隠し切れずに、「貧乏ゆすりをする」

「どんなに美人でも貧乏ゆすりをするような女の人は連れて歩きたくありません」(20代男性)など、貧乏ゆすりには女性の容姿や人柄の良さを台無しにするだけの破壊力があるようです。無意識でやってしまうことが多いので、誰かに指摘されたら即座に改め、苛立ったときも「貧乏ゆすりはNG」と強く心に唱えましょう。

(広告の後にも続きます)

【4】他人の目などお構いなしに、「大股を広げて座る」

「かわいい子がドカッと大股を広げて座るとガッカリします」(10代男性)というように、座り方がガサツなせいで男性を幻滅させるパターンです。こうした動作には普段の自分が出やすいので、家で椅子に座るときにも「足を揃えて」「音を立てずに」を習慣づけたいところです。